今の彼とのPCMAX体験談⑧箱根日帰り旅行。関係は確実なものに…?

ホテル・デイユース

前の話はこちら↓

メッセージはより親密に

衝動的に会いに行ったあの日以降、彼と私はますます親密にメッセージを交し合うようになりました。

会いたい気持ちがあったから会いに行った私と、それを感じて受け入れてくれた彼。

お互いを想い合っていることが確認できたことで、心許せる親密なメッセージを送り合うようになったのだと思います。

彼はメッセージでもいつも男らしく、私との関係に全く迷いがありませんでした。
まだ3回しか会っていないのに…。

「会いたい気持ちは常に持っているよ。」

「衝動的に会いたいときは、お互いの状況を見ながら判断しよう。」

「この先もずっと傍にいたい。そのためには生活は守るべき。」

他にもお互いの話をたくさんメッセージでしました。

仕事のこと、キャリアアップのこと、勉強のこと。

生まれ育った家族のこと、専攻してきた学問のこと、好きなアーティストのこと、美術館が好きなこと。

彼から聞くニューヨークやドイツの話はとても楽しかった!写真もいっぱい送ってくれました。

彼は写真を撮るのがとても上手で、よく仕事で行くみなとみらいの写真も送ってくれました。

どれも絵葉書のように美しくて、私は彼の写真がとても好きになりました。

とても感性が合うのを感じていました。

有給休暇で箱根に行こう

美術館の話をメッセージでしている中で、今度有休を取るから、芦ノ湖へ行こう。箱根の「ラリック美術館」でブランチを食べようという話になってきました。

え?有休を私のために使ってくれるの!?

私はびっくりしました。

所詮出会い系で出会ったW不倫の関係なのに。

貴重な有給休暇を私なんかのために使ってもらえるなんて、なんだか恐れ多い…。

出会い系に浸りすぎて、すっかり卑屈になってしまっていた私。。

彼は、当たり前じゃん、という感じ。

シェアカーを使って、箱根ドライブ旅行に行くことに決定。

彼は男らしく、私の家庭のことも気遣いながら無理のないように、次々にプランを固めていってくれました。

W不倫初めての箱根日帰り旅行

シェアカーで箱根ドライブ

彼は私の家の近所でシェアカーを予約しておいてくれました。

子どもたちを学校に送り出し、すぐに待ち合わせ場所へ。

彼は少し遅れてやって来ました。

奥さん(モラハラクソ妻)が朝からキレて、家事を全部やってから来たから…とあまり多くは語りたくなさそうな彼。…私は衝撃を受ける。。まだ当時はモラハラクソ妻について触れてはいけない雰囲気があったので、突っ込んだ話はしないようにしていました。

⇒彼のモラハラクソ妻の実態についてはこちら

あいにくの雨でしたが、箱根ドライブデート、スタートです!

家の近所を走っている間は、私は顔を隠してました。。

彼は運転中も私の手を握ってくれました。デートだなぁ!

運転中の彼の横顔を見ながら、たくさんお喋り。

芦ノ湖に着くと、雨もやんでいたので、周辺を手を繋ぎながら、いちゃいちゃとお散歩しました。

なんとも平和な時間…。40歳目前。既婚子持ち。不思議な気持ちでした。

ブランチ目的に行ったラリック美術館は、いちゃいちゃしていたからか、到着が遅かったらしく、営業時間外!笑 残念!また今度行こう、という話に。

予約している旅館のチェックイン時間も迫っていたので、そちらに向かいました。

露天風呂付旅館をデイユース

彼は、日帰りで利用できる旅館のお部屋を予約しておいてくれました。

利用したのは「箱根湯本温泉 月の宿 紗ら」でした。詳細はこちら

今では頻繁に使っているけど、当時はまだデイユースというものを知らず、普通のホテルや旅館を日帰りで利用できるんだ!使えるんだとびっくり。

しかもお部屋に露天風呂が付いているらしい…!

それは…一緒に入るってこと、だよね??

裸、で??

旅館に向かう前にコンビニに寄ったんだけど、彼がこっそりコンドームを買ったのを私は見てしまいました。

「そりゃそうだけど…、そうだよな…」と、すごくドキドキしたことを覚えています。

彼とは2回目に会って体の関係になり、この日は4回目の対面…デート…。

そうだよね。旅館のお部屋を予約してくれているということは、セックス…するんだよね?

私はずっとセックスレスだったから、「必ずセックスをする」という確信がなかなか持てない。

肩透かしになることが多くて、その度にダメージは大きかったから、セックスのあるなしは考えないことにしていました。

いくら温泉旅行であっても、セックスを期待してはいけない。そういう思考の癖ができていました。

それに、今まで出会い系で出会った男性は、セックスありきの関係だったから、会ってセックスがあることは当たり前だったけど、彼は…なんとなく違うし…。

何度も言うけど、彼はそんなガツガツ、エロエロしてない雰囲気なんですよ…。

裸の女性が目の前にいても、「だから?」と言って、知らんぷりしそうな人 笑。

でも。

コンドームを買ってた。

なんだか急にドキドキソワソワしてきました。

彼と2回目のセックス…幸せな箱根デート

彼が予約してくれたお宿は、とても素敵なモダンな旅館でした。

⇒「箱根湯本温泉 月の宿 紗ら」詳細はこちら

ちなみに、箱根日帰り不倫旅行ならこちらの宿のデイユースもおすすめ→箱根湯本「天成園」に日帰り旅行した時の話

お部屋のテラス部分に陶器でできた露天風呂がありました。すだれ越し眼下に、道を歩く人が見えました。

上階だから道からは見えないと思うけど、見せようと思えば見せれちゃう感じ 笑。

彼は、てきぱきと露天風呂にお湯を張ってくれています。あっという間にお湯はいっぱいに。

どうやって裸になったのか、全然覚えてないです 笑。パニクってた。

ソファでキスして、半脱がしにされたような…。

彼は躊躇なく服を全部脱ぎ、真っ裸に。おちんちんもぷらぷら丸出しです 笑。目のやり場に困る。。

私はただでさえ超貧乳でスタイルに自信がないのに、まだ昼間の明るい中、裸で一緒にお湯に浸かるなんて。。すごく恥ずかしかった。

彼とはまだ出会って1か月も経っていない。会うのは4回目?エッチだってこの前初めて暗闇でしただけなのに。

二人でお湯に浸かって…少し話をして…おもむろにキスをして…。

たぶんこの時のことは、彼がそのうち詳しく書いてくれるはず 笑。

私はあまり覚えていない…。けど、彼は私がドMだな、と思ったらしいです 笑。

彼とエッチをするのは2回目だったけど、けっこう欲望にオープンになっていたような気がします。。

何回しただろう。3回かな?当初から絶倫ぶりを発揮していた彼なのでした。

日帰り箱根旅行…と言っても、私は夕方までに帰らなければなりません。

14時頃にはチェックアウト。

ブランチを食べ損ねていたので、近くの有名らしきお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べました。

セックスとお風呂の後に、スルスルと食べたお蕎麦は、最高に美味しかったです 笑。

それからまたドライブして…。

彼は景色のいい海岸沿いの道や、私の好きなみなとみらいを通って、私の家の近くまで送ってくれました。

この関係を信じたいけど

出会って間もない頃に誘ってもらった箱根日帰り旅行は、彼を信じても大丈夫と思うに足る時間だったと思います。

まだ出会って一か月も経っていないし、会うのも4回目だったけど、彼といる時間がしっくりき過ぎて、もう長く付き合っているかのような、妙な落ち着きと安定を感じました。

とても大切にされているのがわかるし、私にすごく向き合ってくれる。

それに女性としての私に、すごく興味を抱いてくれているのが伝わってきました。愛情のこもったキスもセックスもたくさんしてくれる。

常に忘れずに想ってもらえるという安心感は、毎日のメッセージのやり取りからも、ひしひしと伝わってきました。

彼の生活の中に、私という存在が溶け込んでいる。いつでも想ってくれている。

生きる価値を感じる…。

私がずっと求めていたのはこの感覚だ、と思いました。

40歳目前。出会い系で紆余曲折あったけど、こんな相手に巡り合えるとは。

今までの出会い系で出会った「不倫は不倫」と割り切った男性たちとの日々に慣れてしまった私には、なんだか信じられないフワフワとした気持ちでした…。

現実?なのかな。

既婚子持ちでもうすぐ40歳の私に、こんな日が来るなんて、あり得ない。

きっと、大どんでん返しがあるに違いない。

彼はこんなW不倫の関係初めてだし、もしかしたら家庭とうまくやれずに奥さんにバレて、いきなり私の前から消えてしまうのではないだろうか?

そしたら私はまた一人になる。

やっと幸せを感じることができたと思ったのに。

一人は怖い。

まだ、彼との関係を確実なものに思えず、傷つきたくないと思う慎重な私がいました。

言い訳に聞こえるかもしれないけど、だから…まだ社長と連絡を取っていたのだと思います…。

自分が傷つくのが怖いからと、こんなに誠実な彼に対して、最低だったと思います。

でも、誓って言うけど、社長になんて気持ちは1ミリもなかった。単なる保険だった。幸せから急にどん底の一人にならないための保険…。

この社長との同時進行が、彼を傷つけ、私への不信感を招く結果となるのでした…。そりゃそうだ…。

▼彼が書く私と揉めてる話は、そもそもはこの私の不誠実な振る舞いが根底にあるのでした。。▼

PCMAXで出会った僕と彼女。彼女の過去がとても気になるんだ①

先週、僕と彼女の間で起きたこと①

(つづく)

既婚女性のための出会い系極意はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました