彼の奥さんはモラハラ妻。W不倫中の私がモラハラフェミニストダサ妻をバカにします

夫婦・家族とは

W不倫中の私が、彼の奥さんを罵ります

私はW不倫中の彼の奥さんが大嫌いだ。

「不倫相手の奥さんだから」とか、そういう問題じゃなくて、「人として」軽蔑している。

不倫しているお前が言うなよ、と思われるだろう。

どう思うかは人それぞれだから構わない。不倫ほど、好奇心そそる低俗な興味の湧く話題はそうないからね。

社会ルール違反だし、批判もしやすい。

不倫叩きなんて、好色な方々が、自分のことを棚に上げ、匿名で低俗なレベルの話題をワーワー楽しむだけで、何の進展もない娯楽に過ぎないよ。

誰ひとり、世の中から不倫がなくなるような社会作りの話なんて、しないでしょ?

不倫に至った夫婦の問題に、だれも興味ない。好色なことだけに注目できる単純な思考がうらやましいよ。

W不倫の私が書く、彼のモラハラ妻批判、不快に思う人は読まないでください。

彼のモラハラ妻が好きな言葉は男女平等(恥!)

前にも書いたけど、W不倫中の彼の奥さんはヤバい。

モラハラ妻だと思う。

自分の価値観が絶対。言い返すと、激昂する。

男女平等を掲げ、家事をしない 笑

週に数回、昼間だけパートで数時間働いている。家のすぐそばのチェーン喫茶。9時から14時までしか働いていなくても、男女平等だからと言って、家事は遅くに帰宅した彼にやらせる。昼間の片付け、夕食づくり、後片付けまで全部ね。

だから彼の家は、いつも夕ご飯が22時前後。

朝食はない。彼が朝食を食べている話をきいたことがない。

休日はすべて彼がごはんを作る。彼が作り始めないと、奥さんがイライラし始め、男女平等なのに私が食事を作るのはおかしいと言い始めるからね。(なんか笑い話みたいだよね 笑)

そんなに奥さんが疲れているのは、お子さんがまだ小さくて大変なんじゃない…?と思うでしょ?

彼んちのお子さんは、もうすぐ成人になるお子さんが二人と小学6年生の三人です。ほぼ子育て終わってる 笑。

フルタイムで共働きのお母さん方が聞いたら、ほんと大笑いするだろうね。モラハラ妻の周りには、経済的に自立してる友達がいないみたい。類友ですね。

休みの日も、家事を彼にやらせ、自分は何しているかというと、ソファで脚上げて、ずっとスマホかゲーム。(彼が仕事で帰宅してもいつもそうだけど。)

買い物もしない。ネット通販もできない。笑

家計の把握なんてしてない。彼は私とやりたい放題できるから、バカな妻、万歳です。

彼は帰宅するときに、奥さんに足りないものはないか電話で毎日お伺いをたて、遅い時間に買って帰る。牛乳買ったりね。

休日は、彼がひとりで1週間分の買い出しに行く。重い荷物をひとりで持って帰る。

彼が買ってきた食材を見て、彼の奥さんは文句をつける。機嫌が悪くなり、家庭の雰囲気は悪くなる。自分は絶対買い物に行かないくせに。

この前なんか、彼がひき肉たくさん買って帰ったら、「責任もって処理しろ」と奥さんに数日ぎゃーぎゃー言われていた。(その言い方…笑)

メニュー決めるのがどんなに大変かわかるのか?というのが彼女の言い分らしい。自分は作らないくせに 笑。メニュー決めるのが疲れるから、料理はしたくないんだって。吹いちゃうよね 笑。

私も同じ立場の主婦ですけど、どんだけ甘えてるんだ。

彼がいなければ、どうせ自分で作るんでしょ?それがしたくないだけでしょ?楽したいだけじゃん。

彼のモラハラ妻は時代遅れのフェミニスト

奥さんは、彼を奴隷のようにあつかって、自分は何もしない。

感謝の気持ちは全くない。

「男が家事をするのは当たり前」「男女平等だから、感謝するのはおかしい」そうだ。

で、自分が家事すると、機嫌が悪くなる。「男女平等なのに私が家事をするのはおかしい!」と。ギャグじゃないよ 笑。

家庭内で男女平等を主張するって、おかしくないですか 笑笑。

家庭って、男女平等のもとにあるのではないよ。そもそも家庭に、男女と言う枠を自ら当てはめてくる感覚が古くて恥ずかしい。

夫婦は、家庭を運営するために、協力し合うもの。それに男女は関係ない。

お互いに感謝の気持ちを持ち、協力し合う。それが夫婦であり、家族じゃない?

生活するために支え合い、協力する場所に、男女平等と言う畑違いのフェミニストみたいな考え方混ぜるのやめて欲しい 笑。ほんとダサい。世間知らず。

そんな時代、だいぶ前に終わったよ。

今は女性がどう生きるか、社会はどう変わっていくべきかが問われているのに、男女平等を盾に、家庭の家事分担で、大して社会の役にも立っていない子どもにとって害悪でしかない妻が、自分が楽したいがためにギャーギャーわめきたてる。。

だから女性はいつまでもバカにされるんだよ。

彼の奥さんみたいな低俗な人がいるから、女性をバカにする人がいるんだろうな。現にわたし、女だけど、彼の奥さん超バカにしてる 笑。

ちなみに、彼は、とっても素敵なジェントルマンです。外国で学ぶことが多いと言っていました。女性だけでなく、皆に親切だし、相手を思い遣る発言のできる男性です。

・・・そういう善意に付け込んでくるのが、ダサいフェミニストなんだろうね。結局は私利私欲しか考えられない憐れな人。

絶対彼を、ダサフェミニズムモラハラ妻の餌食になんかしない。見てろよー!

既婚女性にとって出会い系(マッチング)サイトって…?

結婚していても、本当はいろんな理由でパートナー…欲しいですよね…。

私もセックスレスからの自己嫌悪にお別れしたくて、勇気を出して出会い系サイト(PCMAX)に登録しました。当時39歳でした。

最近の出会い系サイト(マッチングサイト)の役割は、時代とともに変化し、あなたの抱くイメージとだいぶ違ってきています。

出会い系サイト(マッチングサイト)を上手に利用すれば、既婚女性のあなたもベストなパートナーに出会うことが可能です。

出会い系サイト(マッチングサイト)でいろんな男性と出会い、失敗も何度かして、やっと今の彼に出会えた私が、体当たりで学んだことを集約。あなたが心も体もダメージ受けず最短距離でベストな男性に出会うための方法を伝授します

エロばかりが飛び交うのが出会い系サイトじゃありません!

私は見本になるような体験談もマニュアルもなかったから遠回りしてしまった。
あなたにはストレートで見つけて欲しい。人生前向きになるようなパートナーを。

\既婚女性が登録時に不安に思うことや、良いパートナーに出会うための心構え・ポイントを詳しく解説/

コメント

タイトルとURLをコピーしました