彼女の好きな激しいSEX~ポルチオセックス~

セックス

ポルチオに目覚めた彼女

彼女はもう、奥逝きじゃないと満足できない。
そう、ポルチオが感じるようになってきている。

今日も僕の上で、コリコリとした子宮頸部を、僕に何度となく当て続けていた。

だから僕は、ベッドの端に腰掛け、彼女を上にする。

彼女は僕の首の後ろに両手をまわし組む。
体を僕から反らす様にして僕の上に座り、繋がる。

僕は彼女のお尻に手を添わせる。
彼女の押し当てる動作をアシストするために。

彼女はどんどんと濡れていく、彼女の愛液は彼女の臀部を伝い僕の太腿を濡らしていく。
飛び散る愛液は、絨毯を濡らしていく。

彼女の顔は紅潮し、僕を見つめたり、遠くに視線を流す。そして苦痛と幸福の入り混じった表情を見せる。その表情はいつ見ても美しい。

ビジネスホテルの一室だから、必死に叫ぶように漏れてしまう声を彼女は抑える。
その苦しそうな姿もまた艶を増す。

彼女は言う、
「痛気持ちいいの」
「でもね、痛い訳ではないの」
「なんだか、いけない気持ち良さなの、何か自分が狂ってしまう、もう戻って来れなくなる様な気持ち良さなの」

だから、彼女のお尻をアシストしていた僕の手を、彼女のお尻を強く支え、能動的に僕は前後に動かす。

更に彼女の深い所に当たる様に、角度を変え、伸ばすように奥を押し当てる。

彼女は鋭敏な刺激に、「うっ、」と声をあげ背後に滑り落ちそうになる。
慌てて僕は、彼女の背中に手をまわし支える。

進化するペニスとクリトリス

彼女と繋がり合う関係性になってから、僕のものの長さが増したと感じる。

彼女も同じようにそれを感じていたようで、僕のを舐めながら「前こんなに長かった?」と唇でなぞりながら話す。そして喉の奥まで咥える。

彼女の形に合わせ進化しているのだろう。

彼女もまた進化している。

出会った頃はクリトリスはあまり感じることができず、小さな粒のようだった。表皮に包まれて。
それが最近はクンニをすると、ぷっくりと膨らみ、覆われた表皮が剥けて勃起してくる。

先日、「これって、素股って言うのでしょ?」「わたし知ってるの」と言って、僕の上に跨ぐように乗り、彼女は前後に腰を動かしながら、クリトリスを僕のものに押し当ててきた。

「なんだか、まだ挿れてしまうの勿体なくて…」
「あぁ、気持ちいいよー」

そう言いながら、僕のものを濡らし、伝う愛液はシーツを濡らして行く。

元々、中は感じるけれど、という状態だった彼女。

今はクリトリスも感じるようになってきた。

だから最近は僕の上で脚を閉じて繋がるのも好きで、「前が擦れて気持ちいいの」と言う。

昨日も激しいポルチオセックスを

クリトリスの優しい刺激だけでは満足できない彼女は、ポルチオの痛気持ちいい、より強い刺激を求めてくる。ポルチオが開発されてきている。

だから昨日も、
「ねぇ、今度は前から、前からして!」と懇願してきた。

僕は、彼女をベッドに横たえ、前から挿し込む。

彼女の子宮頸部に、僕のものを添わせながら腰を回して行く。僕のものが頸部を沿ってポルチオを刺激していく。
その度に「気持ちいいよー」「あぁー」と声を上げる。

僕はもっと、快楽に没頭する彼女を見たくなり、彼女の脚を肩で抱えて、全体重を一点に掛け、彼女の奥を突き上げる。
そのペースを上げていく。

首から顔へと紅潮して行く彼女。

漏れる声がもう抑えきれなくなっていく。
だから僕は唇を重ね、口が離れないように、抑えきれない彼女の声を塞ぐ。

舌を絡めながら、僕はどんどんと速度を上げていく。お互いの波が重なり、一つになっていくように。

「いくよ」と静かに彼女に話しかける。
彼女は、うんうんとうなづきながら、息を切らしながら「いって!いって!」と返す。

僕はより強く彼女の奥を突き上げ、彼女の肩に手を回し、静止する。より深く奥を押さえ込むために。

出る直前に、僕は彼女から抜く。
そして彼女のお腹の上に放つ。

その直後、「あぁー、出ちゃう」と彼女は声を上げ、手で顔を覆う。
一瞬痙攣し、潮を吹く。
彼女のお尻とシーツを濡らしていく。

そして放心し眠りに落ちる彼女。

彼女のお腹やお尻、そして彼女の部分を、僕は拭き上げる。

目を閉じ、満ち足りた表情の彼女を、僕はベッドの横に立ちながら見下ろす。

掛けふとんを彼女に掛けながら、僕もその中に包まる。彼女を背面から抱きしめながら。

そして二人眠りに落ちる。
午後の日射しを浴びながら。
幸せな時間を感じながら。

既婚女性にとって出会い系(マッチング)サイトって…?

結婚していても、本当はいろんな理由でパートナー…欲しいですよね…。

私もセックスレスからの自己嫌悪にお別れしたくて、勇気を出して出会い系サイト(PCMAX)に登録しました。当時39歳でした。

最近の出会い系サイト(マッチングサイト)の役割は、時代とともに変化し、あなたの抱くイメージとだいぶ違ってきています。

出会い系サイト(マッチングサイト)を上手に利用すれば、既婚女性のあなたもベストなパートナーに出会うことが可能です。

出会い系サイト(マッチングサイト)でいろんな男性と出会い、失敗も何度かして、やっと今の彼に出会えた私が、体当たりで学んだことを集約。あなたが心も体もダメージ受けず最短距離でベストな男性に出会うための方法を伝授します

エロばかりが飛び交うのが出会い系サイトじゃありません!

私は見本になるような体験談もマニュアルもなかったから遠回りしてしまった。
あなたにはストレートで見つけて欲しい。人生前向きになるようなパートナーを。

\既婚女性が登録時に不安に思うことや、良いパートナーに出会うための心構え・ポイントを詳しく解説/

コメント

タイトルとURLをコピーしました