私、激しいセックスが好き。痛いのも好き。限界が好き。

セックス

ポルチオセックス

最近彼が激しく突いてくれなくなった。

私が婦人科検診で引っかかったから。

あまり奥まで突いてくれなくなった。

わたし、彼と出会うまで、自分が激しいセックスが好きだということ、知らなかった。

激しいセックス・・・奥までがんがんに突くセックス。

ポルチオセックスって言うんだってね。ポルチオ。彼が教えてくれた。

初めて聞く言葉だった。

彼に奥まで突かれると、内臓に響いて、頭が真っ白になる。

内臓・・・子宮だったんだね。子宮の入り口。それがポルチオ性感帯なんだって。

わたし、それ、痛気持ちいいの。

おかしいかな。

痛いというか響くというか、全身が性感帯になってしまうような痺れる快感。危ない快感。

いつか気を失ってしまうんじゃないかって思う。

もしかしたら、今までもあったのかもしれない。セックスの後、いつの間にか寝てしまっていること、あるから。

脳が停止する。なにも考えられなくなる。でも快感だけが残る。

激しいセックス

彼とのセックスは気持ちいい。

愛されてる感じがして、一体感があって、わたしって一人じゃないんだと思えて。

でも、たまに破壊的なセックスをしてくるときがある。

ずんずん突く。

私を追い詰める。理性をバラバラにしようとしてくる。

仰向けの私の脚を持ち上げ、体の全体重で一点めがけて勢いよく突いてくる。ぶつけてくる。

目を開けて、その姿を見ると、恐怖を感じる。

そんなに勢いつけて突かれたら、わたし、おかしくなってしまう。飛んでしまいそうになる。

でもおかしな話なんだけど、ぎりぎりの快感にのまれていると「あぁ、生きてるな」って思うんだよね。

快感の渦に自分が浮いているみたいな。肉体が確かにある、っていうか…。

頭が働かない。

不思議な感覚。

なんだろ、これ。病気かな。

ホントに病気だったりして 笑。また激しく突いてもらえる日が来るといいな。

既婚女性にとって出会い系(マッチング)サイトって…?

結婚していても、本当はいろんな理由でパートナー…欲しいですよね…。

私もセックスレスからの自己嫌悪にお別れしたくて、勇気を出して出会い系サイト(PCMAX)に登録しました。当時39歳でした。

最近の出会い系サイト(マッチングサイト)の役割は、時代とともに変化し、あなたの抱くイメージとだいぶ違ってきています。

出会い系サイト(マッチングサイト)を上手に利用すれば、既婚女性のあなたもベストなパートナーに出会うことが可能です。

出会い系サイト(マッチングサイト)でいろんな男性と出会い、失敗も何度かして、やっと今の彼に出会えた私が、体当たりで学んだことを集約。あなたが心も体もダメージ受けず最短距離でベストな男性に出会うための方法を伝授します

エロばかりが飛び交うのが出会い系サイトじゃありません!

私は見本になるような体験談もマニュアルもなかったから遠回りしてしまった。
あなたにはストレートで見つけて欲しい。人生前向きになるようなパートナーを。

\既婚女性が登録時に不安に思うことや、良いパートナーに出会うための心構え・ポイントを詳しく解説/

コメント

タイトルとURLをコピーしました