セックスレス夫婦に必要なもの。伝える努力、受け入れる努力、すり合わせる努力。

セックスレス

セックスレスの辛さ

自分の悩みに向き合ってくれない悲しさ

セックスレスの一番の辛いところは、セックスについて夫婦で向き合えないことだと思う。

夫婦なのに、片方がこんなにセックスレスを思い詰めているのに、セックスについて、お互いの落としどころを探す作業を一緒にできないのが辛い。

夫婦なのに、自分の抱えている悩みときちんと向き合ってくれないパートナーの気持ちの在り方が辛くて悲しい。

自分がこんなに悩んでいても、相手にその悩みを共感してもらえない。気付いてもらえない辛さ。虚しさ。孤独感。

セックスレス以外でも自分の悩みをパートナーに話して、スルーされたり適当にあしらわれたりしたら、ただでさえ悲しくなるものね。

セックスレスって、セックスができないことだけが辛いんじゃない。

セックス以外のことでも、一緒に生活していると、ズレや不満があって、それを解決したいのに、きちんと向き合ってもらえないと当然モヤモヤイライラする。でも、これは諦めるのもありだし、外注したり、パートナー以外の解決手段があったりする。

でも、セックスは、夫婦でしか許されない行為だから。

掃除を家事代行業者にお願いしても罪にならないけど、夫婦以外の人とセックスを外注するのは、不貞行為になる。

セックスレスは、どうにかして夫婦二人で解決していくしかないのに、レスっている側は自分も問題の当事者であるという自覚を持たず、無視するのはいかがなものかと思う。

夫婦は他人だから、すり合わせ作業が必要!

夫婦は他人同士なのだから、一緒に生きていくためには、すり合わせが絶対に必要。

それがしたくない人は、結婚するべきではない。

自分のペースで生活したい人は、無理して結婚して不幸な人生を背負う必要全くないと思う。

他人とすり合わせていかないと成り立たない機会は仕事上でもあるから、普段の生活くらい他人に合わせずマイペースに暮らしたい。そういう気持ちを持つ人がいてもおかしくないと思う。

私も結局そうだったのだと思う。

誰と結婚したって、不満になるのだと思う。セックスレスじゃなくても。きっと。

結婚して、一緒に生活して、子どもまで作ってしまったからには、自分以外の人を許したり、受け入れたりする鍛錬は、夫婦間に絶対必要なもの。

私もできると思ったんだけどね。むしろ自分と違うものを受け入れるのは得意だと思っていた。

変な上司も得意だったし、今でも周りには個性豊かな友達が多いし、だんなさん始め周りはAB型が多いし。(これはあんまり関係ないね 笑)

でも、今のW不倫中の彼に指摘されてハッとしたんだ。

私は相手に合わせることは得意だけど、本当の欲求はオープンにして来なかった。

伝える努力、受け入れる努力

私は、自分の意思をきちんと持っているのに、それを相手に伝えずに、相手に合わせることで心にしまい込んで生きてきた。それでも円滑に事が進むならいいと思っていたし、自分と違った考えに合わせることは面白いと思っていた。

でも、ありのままの自分は、だれにも見せずにいたのかもしれない。

今の彼は、私の心の声に耳を傾けなかっただんなさんが悪いと言うけど、きちんと伝えてこなかった私も悪いと思う。

だから、20年もセックスレスを放置したまま、こんなに一人で勝手にこじらせてしまったんだと思う。

きちんと話し合えばよかった。セックスだけじゃなく、なんでも。

だんなさんは他人だから、伝え合わなきゃわからない。

今の彼は「僕らは他人だけど、他人に思えない。波長も合う、好みも同じ。無理に合わせなくても自然と合うから大丈夫」と言ってくれる。

でもね、私ね、だんなさんともそうだと思っていた。

なのに、結局こうなってる。

だから、たまに怖くなる。彼に対しても、いつか不満が爆発して、急に冷めたりするのかなって。

先日セックスについて、ちゃんと彼に伝えられたことは、私にとって大きかったんだ。

⇒セックスについて彼に本音を伝えた時の話

とっても伝えにくい話だったけど、ちゃんと伝えることができた。
彼も向き合って受け入れてくれた。

わたしにもできるんだ!って大げさだけど思った。

たぶん、そこなんだな。

相手が向き合ってくれるかどうか。歩み寄ってくれるのか、スルーするのか。

もう、そこが、セックスとか性欲とか関係なく、他人同士が一緒に生きていくためには重要な部分で、決定的なんだと思う。

向き合ってくれないで、ごまかすなら、その人との関係はもうおしまいだよ。

一緒に生きていたって、平行線のまま。交わらない。

そんなの虚しい。

さっさと見切りをつけた方がいい。

結婚して、戸籍上は家族でも、他人のまま。それ以上にはなれない相手。

それなら別の人を探せばいいと思う。

もっと自分に合う人を。素直な自分を受け入れてくれる人を。歩み寄ってくれるくらい自分を大切に想ってくれる人を。

彼と出会って3年目。

彼となら、わたし、合わせるばかりじゃなく、自分をオープンにできるのかもしれないと期待してる。

お互いの「差や違い」を発見して面白い!と感じたり、便乗して楽しんだりできるのって、愛があればこそなんだよね。

でも、愛なんて一時的なものかもしれないし、ちょっとしたことで冷めてしまうし、そんなに何年も続くものじゃないこと、もう、わかってる。

だったら「差や違い」なんて少ない方がいい。

愛がなくなった今、だんなさんに対して感じる違和感は、嫌悪でしかないもの。自分とだんなさんとの相違点を、ちっとも楽しく思えない。

結局、似た者同士の方が長続きするのかもしれないと最近思う。

今の彼は、私を自分と似ていると言ってくれる。私もそう思う。

無理しないでも一緒に楽しめる感性を持ち合わせていると信じたい。

出会い系で出会ったけど、そんなきっかけどうでもよくて、せっかく合う人に出会えたのだから、気持ちを伝え合って、ズレを補修しながら、長く長くパートナーでいられたらなと思ってる。

既婚女性にとって出会い系(マッチング)サイトって…?

私はセックスレスからの自己嫌悪にお別れしたくて、分かち合えるパートナーが欲しくて、勇気を出して出会い系サイト(PCMAX)に登録し、理想の相手に出会え今も幸せです。当時39歳でした。

エロばかりが飛び交うのが出会い系サイトじゃありません!

出会い系サイト(マッチングサイト)を上手に利用すれば、既婚女性のあなたもベストなパートナーに出会うことが可能です。

一通り体験した私が、心も体もダメージ受けず最短距離でベストな男性に出会うための方法を伝授します

\既婚女性が登録時に不安に思うことや、良いパートナーに出会うための心構え・ポイントを詳しく解説/

コメント

タイトルとURLをコピーしました