≪2022.8.10新しい記事更新しました!ここをクリック≫

セックスレスの話題で持ちきりの丸の内アラフォー女子会で

セックスレス

久しぶりの女子会で

前回、こんなこと書くのもどうかな…と思いつつ、超現実的な「出会い系で夫以外とセックスするために準備したこと」をUPしたのは、久しぶりに集まった女子会がきっかけでした。

学生時代からの友達4人で集まって、ちょっと華やかに丸の内女子会したのですが、

やっぱり話す内容は「セックスレス」とか「これから先、誰にも抱かれずに死んでいくのか」という話になるんですよね。。

最終的には、40半ばのおばさん四人が丸ビルのカフェで、セルフプレジャー(要はオナニー、ひとりエッチ。最近はこう言うのよ!と友達がイキイキとこの言葉を使ってた笑)の話で盛り上がるというね。。

もう一生セルフプレジャーしていくしかないのよ!と、自分に言い聞かせるように熱く語る友人たち。

今はファッション誌でもセルフプレジャー用の道具が紹介されているようで、「この前、雑誌で紹介されていたこのトイがいいと思うのよ」なんて、紹介してくれたり。

「性欲なんてなくなればいいのにね?」

「閉経したらなくなるのかな?」

「手術して性欲が出てくる元を取り除いてしまえればいいのにね。」

わかるよ。とてもわかる。

私はみんながまだ夫婦でセックスしていた30代の頃に、同じようなことを考えて思い詰めていたよ。

ここ↓に書いたことと同じようなこと、みんなが話すから、びっくりした。

私は20歳からセックスレスだったから、友人たちのように結婚してしばらく経ってセックスレスになったのとは歴史が違う。。

そうか、40代の今そういうふうに思うんだね。そんなこと10年くらい前から考えていたよ…、と達観した遠い目をして聞いてました。

辛いだろうな…でも、もうみんなも40歳半ばか。

私の中で、セックスレスの苦悩は、既に解決済みのことなので、あまり発言しないでおきました。

黙ってうんうん、わかるよ、と聞いていました。

「誰かに抱いてもらいたいけど、もう無理なのよ。」

今は女風俗もあるじゃない!と提案してみるも、

「風俗に使うほどお金に余裕はないし、そもそもこんな体の裸、人様に見せられないよ。」

「太ってしまったから無理。」

「陰毛が濃いから無理。」

誰かに抱いてもらうためには、体をどうにかしてからじゃないと無理!と、今度は脱毛の話になったりして。。

陰毛やヒゲを今後どうしていくか、熱く語り合う。笑

「女性は50歳過ぎると、男性ホルモンが増加するので、おっさんみたいにヒゲとか生えてくるし、性欲も男子高校生並みになるのよ!」(それは言い過ぎだと思って笑ったけどw)

「だんなに抱いてもらえない私たちは、これから持て余す性欲をどうしていけばいいの!?」

…こんな話してるアラフォーは私達だけでしょうか??笑

友達にW不倫を告白するかどうか

彼のことは報告していない

友人たちとは、セックスレスの話から、このまま女としての人生終わってしまっていいのかな!?と、毎度答えの出ないおしゃべりをし続けているのですが、

私はリアル友たちに、「出会い系で婚外彼を探せばいいよ」とは、勇気がなくて言えずにいます…。

婚外の出会いを求め、出会い系に登録し、結果今の彼とW不倫の関係になってもうすぐ4年。

だんな意外に彼氏を作ろう、私達ならまだ彼氏できるよ!彼氏ができたら必ず教えてね、なんて、冗談半分励まし合っていたのに、私は彼ができたことを、4年近くも伝えられずにいます。

なんだか、ぬけがけみたいだよな。

友人たちに伝えることで、なにかが壊れてしまうのではないか、と不安になるのです。

それは今の彼との関係であったり、私の家庭であったり、友人たちの家庭であったり…。

私のW不倫を知っている友人と

実は今の彼と出会ったばかりの頃、今回の女子会メンバーの一人と二人きりで会う機会があり、その時なにかの拍子に「婚外彼氏ができた。もちろん体の関係もある」と、告白したことがあったんです。もう3年以上前の話。

彼女は若い頃から好奇心旺盛で型破りな人。ちょっとやそっとじゃ動じない。口も堅い。

私は、そんな彼女に、ついW不倫関係になった彼のことを漏らしてしまったのでした。

あの日以来、タブーのように、そんな話なかったかのように、私もその友人も、その話を一度も話題に出さずに過ごしてきました。きっと忘れているだろう、と都合よく思っていました。

まぁ、でも、W不倫しているとか、そんなすごい話、忘れるわけがないよね。

先日の女子会の帰り道、その友達と二人きりになり、「確認したいことがある」とついにその話を切り出されました。

私はしらばっくれるべきか、どうしようか、身構えました。

「あの何年か前に聞いた話。」

「もし、あの時の彼と、今も関係が続いているなら、すごいことだなぁと思ってさ。」と友達はとても慎重に、言葉を選んで訊いてきました。

彼女は、私が特定の人とW不倫関係をまだ続けているのか、一時的な体の関係だけだったのか、とても気になっていたようでした。

私は「もうすぐ4年経つよ。同じ人だよ。彼は隣駅に引っ越してきたよ。」と伝えました。

彼女は言葉も出ないくらい、とても驚いていました。

彼女は「…ほんとにパートナーなんだね。あの時もこれから人生を一緒に歩むパートナーとして付き合っていくつもり、とはっきり言っていたから。意志が強い感じがしたけど、今も続いているんだね。」

「ほんとにそんなことってあるんだね…。」

しみじみと彼女はそう言いました。心なし、さみしそうな感じがしました…。

なんだろう、W不倫まだしてるの!?みたいなミーハー心ではなく、そんなことあるわけないと思っていたのにショックを受けたような様子で…。

「私ね、あの話聞いてから、ゆりちゃんがしていることがいいとか悪いとかじゃなく、自分の価値観に当てはめたとき、自分だったらどうなんだろう、ってとても考えたんだ。でも、よくわからなかった。誰かとセックスしたい気持ちはあったけど、知らない人とセックスしたいわけじゃなかったし、だったら元彼ならいいのかもと考えたけど、それも違う気がして、Facebookに久しぶりに来た元カレからのメッセージに結局うまく返信できなかった。」

だから、私がネットで知り合った(出会い系とは言えず、ネットで知り合ったと伝えていました笑。察していたとは思うけど。。)今の彼と、いい関係を続けているのか、そんなことってあり得るのか、ずっと気になっていたと言われました。

ずっと悩んでいたんだろうな、と思いました。

彼女は昔から性欲旺盛だったしね。。今は子どもの受験が終わり、セックスレスが頭をもたげているのだろう。

それでも、不倫へ一歩出ないのは、彼女の価値観のブレーキかもしれないし、年齢と共に変わってきた外見なのかもしれないし。(彼女が一番太ってしまった、陰毛が濃い、と騒いでいたので笑)

ちなみに彼女は雑誌に出ちゃうくらい美人できれいにしていて、おしゃれで、だんなさんは一流で、いい所に住んでいて…同じ年の女性がうらやましくなるような、いわゆる「セレブ妻」なんだよね。。

夫以外に婚外彼を作るとなった時、とてもハードルが高そう…。

だからこそ、自分の外見がとても気になるのかなぁとも思いました。

外見に自信がないなんて、信じられない。おっぱいだって大きいし。スタイルもいいし。おしゃれで素敵な女性なのに。

タイムリミットと踏み出す勇気

そんなことがあって、前回の記事「夫以外とセックスするために準備したこと」という、ちょっと現実的すぎて恥ずかしい話を書きたくなりました。

私は具体的にこんな準備をしたたかにしていた、という話。

この歳になって、出会いだもん。表に出さないけど、けっこうみんなジタバタしてると思うんだよね。

本当はセックスレスとか夫婦関係とかに見切りをつけていて、新しいパートナーを見つけたいと思っているのに、体型とかムダ毛とかが気になって、踏みとどまっているのは、とてももったいないと思ったから。

それこそ私なんて、体には全く自信はないし、この体のせいでセックスレスになったと思っているくらいだから、夫以外の人とセックスするということは、このひどい体を見せるということ…と思うと、それはそれは不安になりましたよ?

それでも、私はそんな不安?プライド?羞恥心?にかたくなになっている場合じゃないタイムリミットを感じたんですよね。

今踏み出さないと、どんどん老いていってしまい、今よりももっと一歩踏み出す勇気を持てなくなるだろうと想像できたんです。

私は今年で44歳になりますが、44歳で出会い系に登録する勇気は持てなかったかもしれません。もう、諦めていたかもしれません。

(でも、出会い系に登録して、いろいろ体験した今ならわかります。安心してください。40代既婚女性でも出会い系では需要があります!!)

既婚でも、女性としての人生諦めたくないと強く思うなら、体型やムダ毛にウジウジ言ってないで、さっさと手を打てばいいんです。

とにかく一歩踏み出すことに意義があると思います!

私は勇気を出して出会い系に登録したことで、気持ちが「やってやるぞ!」って感じに前向きに切り替わり、自分でも怖いくらい計画的に動けました。

長年のセックスレスの反動が、一気にパワーに変わった感じがしました。

大げさだけど、あぁ自分、イキイキしてる、生きてる感じがする、と思いました。

セックスレスって、自己肯定感がズタズタになって、生きている意味があるんだかないんだかわからない状態になるんですよね…。

だから、あの、出会い系に登録した時の前向きに切り替わった感覚、シャキッとした気分、悩める方にもぜひ味わってほしいと思いますね…。

彼女が私のサイトにたどり着くことがあるのかはわかりません。

セックスレスで悩む私の友人たちは、これからどんな道を歩むのだろう。

私はセックスレスから抜けて、穏やかで幸せな毎日を送っているけど、なかなか友人たちに彼のことは言えません。それが最善と思いつつ、なんだかズルをしているような気持ちにもなって、毎回複雑な心境です…。人それぞれ、求める幸せの形は違うからね。

でも、もし、心は決まっているのに、一歩踏み出せない方がいるのなら、と書いたのが前回の記事です。誰かの救いになればうれしいです。

軽蔑しますか?
私と彼は出会い系サイトで出会いました…

私はセックスレスで20年悩みもがいてきました。

40歳目前に、情けなかったけど出会い系サイトに登録し、ついに一歩踏み出しました。

こんなにも心も体も満たされ幸せな気持ちになれるとは思わなかった。

勘違いしていたけど、エロばかりが飛び交うのが出会い系じゃありません。

ネット上のエロばかりの出会い系の印象に惑わされないで欲しい!救われる人も絶対います!

出会い系サイトを上手に賢く利用すれば、既婚でもベストなパートナーに出会うことが可能です。

(私が彼と出会ったのはPCMAXというサイトでした。→PCMAXはこちら18歳以上のみ)

出会い系サイトで一通り体験した ごく普通の主婦の私が、効率よくベストな男性に出会う方法を伝授しています

同じように苦しむ既婚者のために、私の経験を生かすことができればと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました