≪2024.5.25新しい記事更新しました!ここをクリック≫
本ページ内には広告が含まれます

笑えない笑い話…私はW不倫してるのに夫が知人に結婚を強要していた話

夫婦・家族とは

飲み会帰りのだんなさんの話

だんなさんが、取引先と飲み会をして、遅い時間に帰ってきました。

私もまだ起きていて、キッチンでいろいろやっていたのですが、

めずらしくだんなさんがリビングの椅子に座り、その日の飲み会について話し始めました。

「取引先の専務と、担当とオレとで飲んでいたんだけど、担当の人がもう17年も同棲している彼女と結婚していないらしいんだ。

で、専務とオレとで、結婚させようという話になって、

オレが強制的に、来週、中央区役所に婚姻届けを出しに行かせることになった」

え? は?

なにその話。

聞いてすぐ、フリーズしてしまいました。

心臓がどくどくして、頭に血が上ってくるのを感じました。

自分の顔が、怒りで真っ赤になってきているのがわかりました。

対してだんなさんは、なんとも誇らしげな表情。

だんなさんのことを見下さないように接することには気を付けているつもり。

でも、この時ばかりは、「こいつ、バカか?」と真剣に思い、怒りでいっぱいになりました。

言いたいことが山ほどありました。

結婚てそういうもの?

本人たちが結婚を選択してないのに、他人がとやかく言う問題?

私が毎日毎日、どうして結婚してしまったのか悩んでいたことを、あなたは少しも知らないのね。

今の私たち夫婦の関係に、結婚生活に、あなたは満足しているということ?だから他人に結婚を強制させるの?

結婚なんて墓場じゃん。

私は死んだも同然だった。

既婚、夫婦であるという枠の中で必死にもがいた末、ドロップアウトして、今、家庭ある彼とのW不倫を私は犯しているのに、そんなふうに妻がなっていることに少しも気づかず、他人に結婚を強要しているとは。

一気にいろんな感情が駆け回りました。

自分とだんなさんとの、現状の捉え方の違いに大混乱です。

他人の婚姻に口を出すとは…。

もう、驚きでした。驚きと怒り、です。

一瞬で頭の中が沸騰です。

私は明らかに動揺していたと思います。

怒りと言いたいことが溢れ出てくる感覚があったけど、かなりどもりながら、絞り出せた言葉はこれだけでした。

「他人の結婚に口出すなんて、やってること老害だよ。そんなの本人たちの勝手じゃん。そんなことやめなよ」

まだまだ言いたいことはあったけど、伝える意味がないと思う私もいたし、余計なことを口走ってしまいそうだったから、一般論的なことだけしか口から出てきませんでした。

声は震えて上ずっていたと思います…。

私はよく分かっています、既にW不倫を選び、人生を再構築している私には、だんなさんに想いを伝える意味はないんです。

それでも、怒りと驚きと動揺が静まらなくて、困りました。

小さい声で、「信じられない。まぁいいけど。」と首をかしげながら、泣き笑いみたいな震えた声でブツブツ言いながら家事をし続けました。

これ以上、しゃべってはダメだ、と自分が勝手にブレーキをかけていました。

私が予想外に怒った返しをしてきたことに対し、だんなさんはこう言いました。

「なにも知らねー奴にはわかんねーよ」

いつも温厚なだんなさんにしては、強い口調だったと思います。

心臓がバクバクしたまま、私は心の中で笑いました。

何も知らない奴にはわからない?笑

笑わせないで。

セックスレスで苦しめた末、妻がW不倫していることに気付きもしないあなたが言うセリフ?

笑いながらも、涙が溢れてくるのを感じました。

顔はずっと高揚して真っ赤なままだったと思います…。とにかく心臓がドキドキしていました…。

私は顔が見えないように、だんなさんに背を向けて、ガチャガチャとキッチンで片づけをし続けました。

しばらくして、だんなさんは、無言でリビングを出ていきました。

はぁ。やっといなくなった。

脱力感でいっぱいでした…。

だんなさん、本当になにも考えていないお気楽な人なのかなぁ。

私は夫婦関係にずっと悩んでいたのに、少しも伝わっていないんだ…。

呆然としました…。

また思いました…私はいつも一人で空回りしてるんだな、と。

結婚ってなに?

わたし、既婚の男性同士が、どういう会話をするのかわかりません。

想像では、縛られることが多いから、結婚なんてするだけ損…みたいな会話が繰り広げられるものかと思っていました。

女性でも、既婚の友達やママ友と話をするとき、結婚生活を維持することの難しさについて語り合うことが多いです。

結婚している人は、悩みながらも家庭生活を維持するために、我慢したり、努力したり、協力したりしながら、頑張っているもんだと思っていました。

じゃあ、だんなさんはなぜ取引先の人に結婚を強要したのか?

いや、ほんと謎ですよね。

単純に結婚がおすすめの案件だから勧めたということですよね?

それとも、仕事上なにか既婚だとメリットがあるからでしょうか?

男としての、責任の取り方、とかでしょうか?

私は女性だからわからないのでしょうか。

事情を「何も知らねー奴」だから、わからないのでしょうか?

でもでもでも、結婚を他人に強要されるほど、時代錯誤で最悪なことってない気がするのですが。

結婚を軽々しく考えているのも許せませんでした。

関係を法で縛ってなにになるの?

17年同棲してるんだったら、結婚に踏み切れない理由があるんじゃないかなぁ。

だんなさんは私との結婚生活に満足しているからおすすめしたのかなぁ。

結婚して、子どもがいて、守る家庭があるから、仕事を頑張れている…と言いたいのかな。

結婚はいいよー、家族っていいよー、子どもってかわいいよー、なんて話を他所でしてるなら、私、許せねぇな。

あなたの享受している幸せは、私の努力の賜物です。軽々しく語ってくれるんじゃねぇ。

もし、ほんとにそんな会話をしていたら…まじで腹立ちます。

わからないわからない。

考えれば考えるほど、だんなさんが、なんでそんなに結婚させたいのか、私には理解できません。

他人に結婚勧めてるけど、あなたの妻、不倫しているよ?

結婚相手に不満があるから、不倫しているんだと思うよ?

あなたは一生知らずにこのまま幸せに死んでいくのでしょう。

私ひとりが抱え込んでおけばいいだけの話だし、それで全然OKなんだけどね…。

私には、信頼している彼がいるから大丈夫です。

私は共感し合えないあなたのことは、夫であっても、パートナーだと思っていません。

家族という枠の中で、私は私、あなたはあなた、で生きていきましょう。

落ち着いてから、改めてそう思いました。

不倫に踏み出し、新しい人生を歩き出した私に、腹を立てる権利はないかもしれないですけどね。

ふふ、まぁ、どうでもいい話ですね。

とにかく、なんだか無性に怒りが湧いてきた出来事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました