≪2022.8.10新しい記事更新しました!ここをクリック≫

W不倫の避妊…パイプカット(精管結紮術)という選択肢

W不倫のトラブル・悩み・想い

避妊

女性一人で妊娠はできない

アメリカの裁判で、女性の中絶権が数十年ぶりに覆されたニュースがありました。

日本でも若い女性が公共のトイレで出産してそのまま赤ちゃんを遺棄したり…そして犯罪者になって逮捕とか、そんなニュースが度々あります。(病院でもないベッドもない所で、一人であの陣痛と不安と出血に苦しみながら出産するってどんなに怖いだろうと思います…)

女性って大変、きつい、とほんと思います。

一人で妊娠なんかできるわけないのに、中絶を選択することさえできない社会は辛いだろうね…。

子どもを育てる気のない男性から妊娠させる権利を奪えば、命という面からも合理的なんじゃないかと思いますけどね。

生命の誕生って、人間の場合、女性の体内に入って、結びついてなんぼの世界ですよね?

結びつく前に阻止するのが妥当では?

生命になってからどうこうしようとするから、問題なのでは。

宗教のことは無知なのでなんとも言えないけど、どこからが命なんだろうか。

精子、精液、排卵、生理。これらって、生命じゃないよね。

男性と女性が合体して交わすことで命は誕生するはず。

W不倫中の私たちの避妊

私はW不倫の関係の彼と、セックスレスの20年が幻だったかのように、3日に1回くらいのペースでセックスをしています。

1週間セックスしないと、久しぶりに思えるくらい。

お付き合い始めて3年以上経つけど、今でも頻繁にセックスしています。

正直に言うと、避妊はがっちりしていない。

どうしてか、私の膣のせいなのか、コンドームが引き込まれやすいようで、ゴムをしてセックスをすると逆に危険だったりします。(彼とだけじゃなく、行為中にゴムが取れてしまうことが今まで何度かありました。)

今の彼とは、膣内で射精後にゴムが取れていることに気付き、緊急避妊薬(アフターピル)を慌てて処方してもらい飲んだこともあります。

私達の中で、コンドームで避妊は危ない、という感覚があり、じゃあ、どうやって避妊していこうかというと…。

基礎体温をつけ、避妊しにくいタイミングで…と思っているのに、欲求に負けて排卵日前後にセックスしてしまうこともお恥ずかしながらあります。なにせ3日に一度以上のペースでセックスしているくらいなので…。

だから、結局、外で出す、くらいだったりします。

…避妊とは言えないですよね。

中高生でも知っている。外出しで避妊はできません。

膣外で射精したって、生でしている時点で避妊できていないということはわかっているのに、中で出してないから大丈夫だろう、と都合よく考えてしまっています。

だんなさんとの関係を含め、ゴムをしないでセックスしても、外出しすれば妊娠しないという長年の経験があり、それはただ運が良かっただけなのかもしれない危険な行為なのに、全く正さない自分がいます。

もちろん私だけの問題ではなく、彼の問題でもあり、彼も正そうとはしません。

しかも彼は、嘘かホントかわからないけど、妻との間にゴムしていてもできてしまったお子さんが二人もいるのに。(ほんとはいつも生でしていて、盛り上がって出しちゃうくらい熱いセックスをしていたんだろうと私は疑ってるけどね…。)

彼が言うことがホントなら、避妊していたのに子どもができてしまった経験がありながら、どういうつもりで私と外出しセックスをしているのだろう、と実は思っています。

お互い40代中盤にきているし、そんなに妊娠はしないだろう、という甘さがあるのは事実です。

そんな話を彼とよくします。

40歳過ぎて、確実に妊娠はしにくくなっているはず。

でも、回数が回数だから、確率が低くなっていたとしてもどうなんだろうと、ふと思ったりもします。

避妊は女性主体でするもの?

一般的に、コンドーム以外の考えられる避妊方法は2つあります。

私が低用量ピルを飲むこと。

私が子宮内にミレーナ(IUS・子宮内避妊具)を入れること。

いやいや、でもさ、なんでこんなに私ばっかり体にも経済的にも負担なことばかりなのさ??

すっごくおかしくないか?と思うのです。

自分の体を守るためっていうのはわかるけど、ひとりでセックスはできないし、セックスは私だけが気持ち良くなる行為じゃないし、相手の男性もなにかしら負担してもらいたいと思うのはわがままでしょうか。

私は彼としかセックスしないし。彼だって私としかセックスしないでしょ?

セックスしているパートナーは間違いなくお互いだけなんだから、二人で出来る避妊はないのかな、と思うのです。(それとも、彼はまさかクソ妻とセックスしていないよね 笑??)

調べてみると、低用量ピルも、ミレーナも、どちらも副作用の体験談がたくさん出てきます。

しかも、一時的な副作用でないものが多い。

なにこれ、なんで女性側ばかり。

しかも、ミレーナは体の中に器具を入れるって、もし何年か後に大地震や戦争が起こって、体内に入れた器具のメンテナンスができない状況になった時、一体私はどうなってしまうのだ?

身体的な負担ばかりでなく、経済的負担や、診察も継続的に続きます。

低用量ピルだって、毎月のピル代、定期的な診察料、さらに、一日も欠かさずピルを飲み続けるという負担。40歳過ぎたら副作用のリスクは高まるし、どう考えたって負担しかない。

なんでわたしばっかりリスクを背負って、避妊を頑張らなくてはいけないのだ?

私たちはW不倫の関係。

お互い子どもも大きく、もう絶対子どもを産み育てるつもりはない。

機能はあっても、年齢を考えても、この先、もう妊娠する必要はないんです。

彼なんてお子さん3人いるし。わたしはもともと子どもが好きじゃないし、妊娠中も大変なタイプだから、もう絶対産みたくないし。

もう去勢しちゃっていいと思うんですよね。

そうか、去勢か…。

パイプカット(精管結紮術)

彼がパイプカットすればいいんじゃん。

いやーずるいよね。

あるじゃないですか、男性もできる避妊方法!

男性側にも避妊するための術はあるのに、これ、なんとなく隠してません??

男性ができる女性を妊娠させない方法、パイプカット。

なんで大々的にパイプカット宣伝しないの??

パイプカットしてしまったら、二度と子どもを作ることができなくなるから?

女性は妊娠してしまったら、中絶手術をするか、一生子どもを育てる覚悟を決めて出産するしかないのに、この先子どもを作るかどうかの選択肢(しかも選択肢ですよ!?)を保持するためにパイプカットしないなんて、全然フェアじゃない。

中絶できないなら、女性は命を懸けて出産して育てるしかないのに、男性はどこに消えていくのだ。

男性は女性ほど覚悟を決めて妊娠を受け止めなくてもいいんだよね。楽だよな。自分の体にはなにも変化も痛みも辛さも降りかかってこないんだから。

妊娠してしまった後の女性の負担を考えたら、パイプカットくらいどうってことないじゃん、と思います。

しかもパイプカットは、診察や薬服用の継続、副作用もほとんどないようだ…!

ピルは毎日だよ?しかも継続的な出費に診察(性器開帳)。

ミレーナなんか、合わなかったら、大量に出血したり腹痛起きたり、パイプカットみたいに一時的な手術に耐えればいいだけじゃないんだよ?

もう、子ども要らないなら、絶対パイプカットが合理的だと思います。

拒む理由がわからない。

こんな名案ないと思うけど。

彼にパイプカットをおすすめしてみた

というわけで、彼にパイプカットをおすすめしてみました。

やっぱり、男性って怖がりだよね。

私には、なにがそんなに怖いのか全く分からない!

こんなに合理的に避妊ができるのに。コスパ最高なのに。

たまたま(陰嚢)にちょっと(1cm)メス入れるだけだよ、と言ったら、いやーそれはちょっと…と震え上がっていたよ。

そんなにたまたまにメスを入れるのが怖いのか?

それより怖い経験をあなたはしていないのか!?

いやいや、私達女性は、なんなら婦人科のおっさん先生の顔の前で、大股開きして性器も陰毛も丸出しにし、指突っ込まれてグリグリされる検診を、定期的にしているんですよ?

出産のときなんて、会陰切開とかいって、理由も分からず、膣の入り口を麻酔も無しに切られたり、針で縫われたりしているんですよ?

出産なんて、母体は死ぬことだってあるんですよ?

なんだよ、たまたま(陰嚢)にたった1cmメス入れるくらい、どうってことないじゃん!

しかも手術はたったの1回!!

定期的に検診もない。

飲み続ける薬もない。

費用も手術前後の一時期しか発生しない。(病院によってまちまちだが、5万~20万円前後)

女性のピルやミレーナの身体的負担、経済的負担に比べてどうなのよ?

避妊するなら、総合的に考えて男性がパイプカットする方がデメリットが少ないじゃないか。

なんで私ばかり負担を強いられるのだ。

妊娠してしまったときに負担があるのは私なんだから、妊娠しないような努力を男性が講ずるべきだと思うのは真っ当ではないでしょうか。

彼には今一度よく考えていただきたいですね。

妻の同意の提出とか、まぁあるけど、それもどの程度だかわからないし、とりあえず関心持ってくれてもいいのに…と思いました。

現実的にアリなのかナシなのか、一緒に検討できたらと思ったんだけど…。

まったく「それはない」という反応だったのでちょっとがっかりでした。

女性が被る低用量ピル、ミレーナの身体的、経済的、日常的負担を上回る「パイプカットを選択しない理由」を、ぜひ教えて欲しい。

生でするセックスは気持ちいい。

正直、ゴムをしていても、私は同じくらい気持ちいいです。

でも、相手がゴムしている時以上に生の方が気持ちよさそうになっていると、わたしもうれしくなってしまい、それが私の快感につながったりもします。

お互いもっと気持ち良くなりたいから、ついゴムなしの生のセックスをしてしまいます。

もうすぐ44歳だけど、避妊についてどうしていくべきなのか迷っています。

閉経の気配もあるような、ないようなだし…。

一番は、冗談ではなく、彼にパイプカットしてもらいたいです。

婦人科で、年齢的にもあまり低用量ピルは今からおすすめできない、とも言われたし、診察や費用が継続するし、ミレーナは体内に入れるものだから、合わなかったり、不測の事態の時に対応できない可能性を考えると私は選択したくない。

彼のパートナーは私しかいないでしょ?

子どももいらないのに、どうして嫌なのかな…。

そんなにたまたまにメスが怖いのか?

私を妊娠させるよりも怖いのか?

コメント

  1. りい より:

    はじめまして。2年以上前からブログ読ませていただいています。
    私は30代半ばの既婚者で、ひとつ下の彼とお付き合いして3年半経ちます。
    今回の記事、共感ではげしく頷きました!私はPMDDがひどく低用量ピルを飲んでいるのですが、それでも生でしたあとは不安になることがあります。
    今私たちは遠距離なのでセックスの頻度が少ないですが、近くにいたころは結構な頻度だったので…妊娠リスクのことを考えるともやもやしていました。笑

    不倫とは関係ありませんが、私の父はパイプカット経験者です。母が私を出産後に、父は担当医から「奥さんはこれ以上妊娠出産できません(体質が原因で命が危険)」と告げられ、妻に負担をかけたくない…と父本人がパイプカットを選択したとのこと。
    男性の気持ちに立てば、実際に手術するのは相当勇気がいることと思います。でも避妊方法のひとつとして、男性側にも選択肢があること、真剣に受け止めてほしいですよね!

    • りいさん
      コメントありがとうございます。
      共感していただける方がいてとてもうれしいです。
      彼にも何も言わず、唐突にこういう内容の話を書いたので、いろいろと反応が心配だったので…。
      お父様、男前ですね。ジェンダーレスの流れですが、こういう時に男前って使うんだ!と今書いてて思いました 笑。
      性教育でも何でも、避妊方法を説明する時には、必ずパイプカットも付け足して欲しいですね!

      りいさん、同じような関係の彼がいらっしゃるのですね。
      いつも読んでいただきありがとうございます。コメントいただけてうれしかったです。
      今日彼にパイプカット迫ってみました。かわされた感ある…。年齢が年齢だし難しい…。

      • りい より:

        かわされてしまったんですね(;;)
        でもこういう選択肢があるんだよ、と迫れるくらい対等な関係を築けておられるおふたりが素敵です…!
        女性はゴムでも生でも同じくら気持ちいい。でもつい生でしてしまう状況、とっってもよくわかります。。同意のセックスだからこそ、パートナーと一緒に避妊方法について考えていきたいですよね。

        実は私たちの出会いは、おふたりと同じなんです(サイトまで笑)。
        なのでいつも共感の嵐で、デートプランやホテル情報も参考にさせていただいてます^^ これからもブログ楽しみにしています!

        • りいさん
          こんな年齢になって初めて性に向き合っている感じがして、不思議です…。
          だからかな?いちいちいろいろ考えてしまって生き辛いなと思うのですが笑、
          こんなふうに共感していただけてとてもうれしいです^^

          しかし、出会いのサイトまで同じだったとは…!笑
          しかも同時期ですよね!?
          サイト内ですれ違ってるかもしれませんねー笑。

タイトルとURLをコピーしました