≪2023.1.27新しい記事更新しました!ここをクリック≫

「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」でみなとみらいクリスマスデート①おすすめの日帰りデイユース

ホテル・デイユース

クリスマスはみなとみらいデート

今年のクリスマスは、24日が土曜、25日が日曜で、なかなかの日程。

今日の夜は家族でクリスマスパーティーという方も多いのではないでしょうか。

W不倫の私と彼は、この土日はもちろん家族優先。

と言っても、お互いの子どもたちはもう大きいので、家族で出かけたりはしませんが、夜には家族全員そろって食事する予定です。

それに、24日や25日に出かけるのも、ふつうに考えてなんか怪しいですからね。

クリスマスくらいは、仕事や勉強を忘れて、家でのんびり過ごそう、と考えるのが普通かなと。

だから、今日明日はあえて彼と会いません。

その代わり、先日少し早めに大好きなみなとみらいで、私たちのクリスマスを過ごしてきました!

クリスマスデートスタート♪

彼は、久しぶりに平日丸一日休みをとってくれました。

私も仕事が忙しかったので、平日休むのは久しぶり。

お互い家族には職場の忘年会と伝えて、朝から夜まで一緒に過ごす計画。

とてもこの日を楽しみにしてました!

クリスマスはやっぱみなとみらいでしょー!といういつまでたっても田舎者みたいな私のリクエストで、みなとみらいのクリスマスを楽しむことに。

昼間はホテルで過ごし、夜は夜景を見てから、食事に出かけることにしました。

まずはホテルで楽しむ食事とワインの調達♪

ランドマークタワーにやってきました。

ランドマークでクリスマスツリーを見るのは2回目。

初めてはだんなさんと付き合い始めた頃に見に来た。もっと大きなツリーだったような…。雪を降らすイベントをやってたこと覚えてる。あれ以来、だんなさんとはみなとみらいに行ったことがありません…。

今年のツリーは何やらハリーポッターなんですね。

最近みなとみらいにも私たちの好きなサラダボウル屋さんが増えてきてうれしい。

サラダとワインとおつまみをゲットしたら、ロープウェイを眺めながらホテルへ向かいます。

みなとみらい「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」

桜木町駅からは10分くらい歩くかな。

一応、最寄り駅はみなとみらい線「馬車道駅」で徒歩3分です。

久しぶりの「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」に到着。

アパホテル&リゾート横浜ベイタワーは、コロナの療養や海外帰国者の隔離場所を経て、やっと先月通常営業を開始したばかり。

合間にちょいちょい営業していて、何度か格安でお世話になりましたが、神出鬼没の存在でした。

営業再開のカウントダウンライトアップ、よかったねーという感じで、(別にアパファンじゃないけど)見ていて私もうれしくなりました。再開のTVCMもかなり大々的にやっているようですね。

アパホテル再開前のカウントダウン「アト2日」

チェックイン

ロビーに入ると、目がちかちかします。

見上げると高い天井にはシャンデリア。

至る所がテカテカだし鏡張りなので、ミラーの館みたいです。

私は落ち着かないですね~笑。テンション上がる人もいるんだろうな。

今回久しぶりにみなとみらいのアパにチェックインしてみてびっくりしたのは、従業員の方と全く接触しなかったこと。

アパホテルの建物に入ってから出るまで、アパの誰とも口きいてません笑!

ホテルに入ったら、フロントの凄さに圧倒されながら、自分で「あそこかな?」とたくさんあるカウンターの中から「日帰り」の文字のあるチェックイン機に目星をつけてレーンに入り、勝手にパネルでチェックインする感じです。

チェックイン機へ誘導する案内の人もいないので、自立心が大切です。

デイユースのチェックイン時間、午前中は、ガラガラでした。

宿泊者のチェックイン時間14時前後は、空港みたいにレーンごとに並ぶらしいです。休前日だと長蛇の列になるのだとか。部屋数2311室ですからね。。クリスマス、すごかったんじゃないかな。

名前で予約を検索し、必要事項の確認、支払いをし、鍵の排出までこの自動チェックイン機でできます。

同行者名の入力や、コロナに関する健康チェックは一切ありませんでした。

今までも、基本どこのアパでも自動チェックイン機を操作してチェックインしてきたけど、たいてい係の方がそばにいて、大浴場などのアナウンスをしてくれていました。

なので、ここまでセルフが徹底しているみなとみらいのアパは、勝手が分からない一見さんやセルフ式に慣れていない人には難易度高いかもしれません。

滞在中のことは、この自動チェックイン機からたくさん排出されるレシートのような紙の内容をきちんと確認する必要があります。

逆に、誰とも接触したくない方には、ものすごく好都合のホテルです。

レシートに記載された部屋番号を確認し、レシートの束とカードキーを握りしめ、エレベーターに向かいます。

ロビーはギラギラなので、エレベーターやトイレの案内表示が分かりにくいのはご愛敬。。

エレベーターホールは、まるで鏡張りのラ〇ホテル…。台湾のラ〇ホを思い出しました。

どこが扉なのか、開くまでわからない 笑。到着のランプが点灯しても気づきにくいし 笑笑。いろいろおもしろい。

エレベータ―が指定階に到着すると、客室廊下へはカードキーをかざさないと入れないようになっています。

みなとみらいのアパは、フロントの天井は高く開放感いっぱいなんだけど、各階の天井はちょっと低い。。

エレベーターは各階一か所にしかないので、エレベーターと真反対の部屋だと、ものすごい距離歩くことになります 汗。

今回のお部屋(26階・ダブルルーム・眺望あり)

「眺望あり」のお部屋は、運がいいと観覧車方向のみなとみらいエリアになることもあるんだけど、今回は、鎌倉方面の眺望でした。

それでも20階以上の高層階のお部屋だったので、眺望は開けていて、夕日がきれいだったし、身を乗り出せば、市庁舎・駅方面の夜景も見えて、悪くなかったですよ。

以前、同じ方角のツインルームを利用した時は、「眺望あり」のお部屋でしたが15階以下だったため、隣のマンションや他の建物が近く、景色はいまいちでした。飲み残しの氷結もあったし。。(氷結の置いてあったツインルームを利用した時の話はこちら

「眺望あり」でも運次第なところがあります。。

眺望の指定は、当日の空室状況に応じて、追加料金1000円払えばできるみたいです。そうなると、チェックイン時に「ご案内」レーンに並ばないとダメなのかな。自動チェックイン機では指定できなかったです。

「アパホテルみなとみらい横浜ベイタワー」 デイユース(日帰り)料金・プランはこちら

備品・バスルーム

デイユース利用だけど、アパ水が2本もありました!

アパの備品は安定です。

ただ、グラスがとっても汚かったので、ワインは紙コップで飲みました。。氷結事件以来、アパの清掃は信用していません。

室内着は帯ありの浴衣風です。

大浴場に浴衣のまま行けるよう、羽織ものも用意されています。

今回も帯は活用させていただきました。。

バスルームはどこのアパも同じ。

みなとみらいのアパには、かなりの大きさの大浴場があるからね。

まだ利用したことないので、今度彼がWEB会議中の時に行ってみようかな。

お部屋でゆっくり

ここのところお互い忙しかったので、ワインとサラダを楽しみながらお部屋(というか狭いからほぼベッドの上)でゆっくり過ごしました。

一時間くらい食べて飲んで、酔っぱらって、いつの間にかエロい方向になって。

この日の彼はすごかった。。

帯があることすっかり忘れていたから油断したわー。

続き書いてたらエロめで長くなってしまったので、今回はみなとみらいのアパのご紹介で、いったん終えますね。笑

みなとみらいにアパがあるのは正直うれしいです!

再開して良かったなー。

今は内廊下のお部屋はあまり放出してないのか、デイユースを予約しようとすると全て「眺望あり」のお部屋になっていますね。

「眺望なし(内廊下沿い)」のお部屋も格安でデイユースやテレワークプラン出してくれたらうれしいな!

こまめにチェックが必要ですね!

「アパホテルみなとみらい横浜ベイタワー」 デイユース(日帰り)料金・プランはこちら

みなとみらいなら、アパより桜木町駅に近くて、眺望安定のワシントンホテルもおすすめなので貼っておきます。最近デイユースの空きが少ないのか、予約が難しいけど、みなとみらいらしい景色の楽しめるコスパ良いホテルです。(ちょっと古いけどね)

「横浜桜木町ワシントンホテル」 デイユース(日帰り)料金・プランはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました