景色にうっとり。アパホテル&リゾート横浜ベイタワーをデイユース

ホテル・デイユース

初めてのアパホテル&リゾート 横浜ベイタワー

放出され始めた眺望ありのデイユース

都内のアパホテル、都の要請を受けて、新型コロナウィルス軽症者の受け入れを開始するのだそうですね。素晴らしい決断。

都内のアパは、私も彼とたくさんお世話になっていて、狭いけど、いつどこを利用しても安定のクオリティーで、すごいなぁと思っています。必要なものは必ずあるし、ホテルとして、とても機能的だと感じています。

そんな中、恐縮ですが、まだこんなにコロナが広がる前に、昨年みなとみらい地区にオープンした「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」をデイユースしていたので、その時のことを書きますね。とても素敵なアパだったので。

先月初旬頃だったかな。外国人観光客が全くいなくなり、どこのホテルも閑散としだした頃でした。

いつも、じゃらんや楽天を利用して、日帰り利用できるホテルを彼が予約してくれるのですが、空室が多くなってきたからか、アパホテル横浜ベイタワーの眺望良い部屋がデイユースに放出されていたとのこと!

アパホテル横浜ベイタワー、昨年オープンしてから、デイユースで利用できないか、いつもチェックしていたんですよね~。だって、あんなにいいロケーションなんだもん、絶対景色いいはず!みなとみらい好きとしては行ってみたいホテルでした。

いつもデイユースに出ているお部屋は、室内吹き抜けに面した景色の見えないお部屋ばかりで、せっかくのロケーションなのにそれじゃ意味ないよなーと利用を断念していました。(追加料金払えば、眺望のいい部屋にしてくれるらしいが。。)

でも今回は、景色のいいお部屋がデイユースでお安く出ていたよう。

→アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー> 日帰り・デイユースプラン一覧
(2020年4月12日現在、眺望ありのお部屋もたくさんデイユースに出ていますね…。珍しいことです。)

ついにあのアパホテル横浜ベイタワーに入れる!ととてもわくわくしていました。建設中から、機会があれば行ってみたいね、といつも話していたので…。

豪華なロビー!

アパホテル&リゾート横浜ベイタワーは、 昨年の9月にオープンだからまだまだ新しい。

部屋数はなんと2311室もあるんですって!それでもなかなか眺望のいい部屋はデイユースに流れてこなかったから、稼働率もよかったのでしょうね。しかも35階建て。上層階は相当景色がいいはずです!

大浴場はもちろん、夏はホテル利用者限定のプールもあるんですよ~。なんとなく、アパの域を超えている…。それがアパホテル&リゾートなのか。

ホテルロビーに入ると、いつものアパの色合いではあるけど、高い天井に豪華なシャンデリア、たくさんのソファー!チェックインカウンターもずらっとあって…。なんだか空港みたい 笑。こんな大規模なエントランス、初めてだった。

…でも3月上旬でしたが、すでにお客さんはほとんどいなかった。わたしたちしかチェックインする人はいなかったような。閑散としていた…。
きっといつもは並ぶんだろうな。並ぶ用のロープが張ってあったから。

デイユースで、値段言っちゃうと5000円くらいなのに、なんと案内されたお部屋はかなりの上層階!30階以上のみなとみらい地区側のお部屋でした。

みなとみらいでこんなに高層階のお部屋を利用したのは初めて!

なるほど、こんな感じで、外側の景色の見えるお部屋と、内側の吹き抜けに面したお部屋とで、お値段変わってくるのですね。今回は外側のお部屋なのにお安く利用できて…ありがたや。

今日現在も信じられないくらいデイユースプラン、お安くなってます…テレワーク応援もしていますね。

→アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー> 日帰り・デイユースプラン一覧

今回利用したごく普通のデイユースプランでも、大浴場は利用できるとチェックインの際、アナウンスしてくれました。

アパホテル&リゾート横浜ベイタワーの室内

お部屋に入ると…

部屋に入ると、いつものアパの広さだけど、ベッドヘッドは一面窓で、入った瞬間から景色が素晴らしいのがわかる!

景色最高でした!

下を覗けば海と大好きな汽車道。目の前はランドマークタワー。

コスモワールドに観覧車も見える。広がる海も見えます。

今までに何度か利用したことのあるワシントンホテルからの景色に似ているけど、アパホテルの方が上層階だから、みなとみらいのすべてを見渡せる感じ。

他のみなとみらいの高級ホテルと比べても、きっと遜色ない眺めでしょう!

みなとみらい好きとしては、本当に最高のロケーションでした!

ただ、この日は夕方までにはお家に帰らなくてはならなかったので、夜景の時間まで滞在できなかったの。それが心の残り。。

大きな夕日が部屋から見えた…夕暮れのみなとみらいもとてもきれいでした。

ユニットバス、備品類

いつものアパ定番の備品、アメニティ。

今まであまり意識していなかったんだけど、アパ横浜ベイタワーのお部屋には、部屋着の上に羽織って館内を移動できるような軽い和風の上着がハンガーに用意されてました。大浴場の行き帰りに着る用かな。気が利いているね。写真なくてごめんなさい。

部屋のテレビには館内情報として、大浴場の込み具合までリアルタイムに表示されていて、びっくりでした!(アパの大浴場は利用したことないんだ。。)

ユニットバスも、ほかのアパホテルと変わりなし。

大浴場、気になるなー。でも彼と離れ離れになっちゃうからね…限られた時間だし、一緒にいたい。

(2020.8月追加:「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」はコロナ軽症者療養施設を終え、9月1日より通常営業再開です。景色のいい部屋が破格でデイユースできるプランになっているので、要チェックです!↓)

「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー> デイユース(日帰り)料金・プランはこちら↓↓↓

3月初旬、みなとみらいの夜景

陽が沈む前にチェックアウトし、大さん橋方面へぶらぶら。

赤レンガ倉庫も、イベント自粛で何も行われていないので、シンプルに倉庫しかない素の姿。とても珍しく映りました。

夕暮れの帰り道、アパホテルやランドマークタワーの方面を眺めていたんだけど、ホテルはポツポツとしか明かりがついていなくて、まるで建設中の高層ビルのように真っ暗で。とても心配になった。宿泊している人、ほとんどいなかったんだと思う。ちょうど一か月前くらいだけど、今頃はどうなっているのだろう。

ランドマークの上層階はロイヤルパークホテル、手前の低い建物はホテルナビオス…アパホテル以外も明かりが少ないのがわかります。

帰り道の大さん橋から見た夜景。本当にみなとみらいは素敵なところ。

ホテルの灯りが早く戻ることを祈ります。

こんな感じで、彼とみなとみらいを満喫してから帰ったら、すっかり夜になってしまい、夕ご飯が手抜きになってしまったのでした…。

新型コロナウィルス、ホテルへの影響

一か月前は、コロナ心配だね、ホテルは特に大変だ…なんて話していたのだけど、今は家から出るのも怖いくらいになっている。

彼と出会ってから、たくさんビジネスホテルをデイユースするようになり、なんとなくホテルの話題は気になります。

都内のアパは軽症者を受け入れることになったし、きっとアパ以外も、もしかしたら私たちが今まで利用したことのあるホテルも、受け入れをしているのかもしれない。

ホテル関係者の方々には、頭が下がります。

ホテルへの休業要請は出ていないようだけど…。働いている方々は心配ですよね。

この状況が落ち着いたら、たくさんホテルを利用して、恩返ししたいな。

みなとみらいのアパホテル横浜ベイタワーには絶対また行くと思う。

みなとみらいにはたくさんのラグジュアリーホテルがあるけど、アパホテルならコスパよく、素敵な気分を味わえる。

本当に素敵な景色、ロケーションだった。


4月にオープンする(結局したのかな?)ビルボードがあったり、周辺の雰囲気も落ち着いたおしゃれな感じだったし、また行ってみたいな。

そのためにも、不要不急の外出はしない。自分も感染しているかもという自覚のもと、行動すること!
ひとりひとりがしっかりしなくちゃね。

(2020.8月追加:コロナ軽症者療養施設を終え、9月1日より通常営業再開です。景色のいい部屋が破格でデイユースできるプランになっているので、要チェックです!)

「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー> デイユース(日帰り)料金・プランはこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました