≪2024.6.8新しい記事更新しました!ここをクリック≫
本ページ内には広告が含まれます

おすすめ!和風モダンで旅館みたい「ホテルヒラリーズ赤坂」をデイユース

ホテル・デイユース

穴場!赤坂のデイユース

最近、デイユースできるホテルの選択肢が狭まってきています。。

夜の時間帯はそうでもないのですが、昼間のデートやテレワークの時間帯プランが少ない印象。

それでも、比較的空きが多いエリアがあって、私達的にはアクセスが悪いのですが、赤坂周辺はお手頃な価格のデイユースホテルが多いので、必ずチェックしています。

今回は、休日朝からデートして、午後はホテルで二人きりで過ごすために、お値段もお手頃だった「ホテルヒラリーズ赤坂」をデイユースしてみました。

予想外に素敵なホテルでしたよ!

ホテルヒラリーズ赤坂

立地・チェックイン

平日の赤坂は、飲み屋さんやキャバクラも多いし、ちょっと苦手な雰囲気なのですが、休日の昼間はほとんどお店は閉まっているし、人もいないし、閑散としていました。

歩いているのは外国人旅行客がほとんど。

「ホテルヒラリーズ赤坂」は、赤坂駅から5分くらいの場所にあります。

他の赤坂のホテルに比べて、控えめな門構えなので、見過ごしてしまいそう。

ホテルは、表側と裏側でそれぞれ別の通りに面しています。

表側の入り口は完全ホテルな感じなのですが、裏側(?になるのかな)の入り口は「茜小路」という飲食店街の入り口にもなっており、入るところを誰かに見られても「ホテルに入った」と分かりにくいのは好都合かも。

ホテルの1階の飲食店街には、シーシャ(水タバコ)のお店もあった。

ホテルと飲食店街(といっても2,3軒しかないけど)の境目には、和の休憩スポットもありました。

「ホテルヒラリーズ赤坂」は、もとはといえば違う会社が東京オリンピックやインバウンドを見込み2018年にオープンさせた別名ホテルだったのですが、タイミング悪くコロナの影響を受け、その会社は倒産。

オープン直後にコロナとは、本当にかわいそうでしたね…。

あまり稼働していなかったのでしょう。ホテルも飲食店街もオープン仕立てのように綺麗でした。

赤坂の飲食店街にありながら、和の要素満載の素敵なホテル。

お値段も高くなかったし、ただのビジネスホテルかと思っていたので、いい意味で少し驚きました。

赤坂のホテルのイメージと言えば、「ホテルRex」だったので…。

14時頃のチェックインだったので、フロントはとても混み合っていました。

外国人観光客もとても多かったです。

デイユースの利用なら、できれば14時から15時のチェックインは避けたいですね…。

こういう関係だと、ササっとお部屋に入りたいので。

私たちの他にも、怪しい中年カップルが2組くらい、デイユースのチェックインをしていました。

なぜだか分かるんですよね…同類カップル。必ず女性は、離れた場所に座って知らんぷりして待ってる。笑

お部屋

エレベーターでキーをタッチさせ、お部屋に向かいます。

ホテル内廊下は、鳥居を彷彿とさせる照明。凝っています。

ドアを開けると、いきなり居室のパターン。

ちょっとびっくりするけど、ツインのお部屋だったので、広く感じて好印象。

照明と木のデザインが旅館のようで、すてきな雰囲気。

この室内、けっこうお金かかってる気がする…。

鏡の部分が、入り口のドアです。

よく見ると、壁の上部も鏡になっており、欄間(らんま)のように空間の広がりを感じます。えー凝ってる、素敵…。

完全インバウンドを意識したホテルですよね。

都心ながら、旅館のように日本風を楽しめるホテル…。

せっかく満を持してオープンさせたのだろうに、倒産してしまった会社は無念だろうな。

照明を落とすと、こんな風に、壁や天井に張り巡らせた木材のデザインが、より日本風に感じられます。障子に映る灯りみたい。

彼と一緒にベッドに寝ころび、ボーっと天井を見ながら「赤坂なのに、まるで旅館に来たみたいね」と、旅情を感じてリラックスできました。

好き嫌い分かれそうですが、今回のお部屋は、洗面スペースが居室内にあるタイプでした。

私たちはこの方が好き!省スぺースのためなんでしょうけど、この方が便利じゃない?

備品・バスルーム

洗面台の下に、ポットやお茶、セーフティーボックス、冷蔵庫などはありました。

LANケーブルまで用意され、電源も海外仕様、USBはタイプCまである!

しかし、残念なことに、彼がUSB-Cで充電しようとしたら、中が折れてて使えませんでした…。無理やり違うタイプを突っ込む人が多くて、壊れちゃったんだろうな…。もったいない。

バスルームは、洗面台がない省スペース型。

バスタブも小さめ。

シャワーはたぶん、私の苦手なミラブルシャワーでした。。

タオルは厚めでグッドでした。

あ、ユニットバス・トイレの入り口は、アパホテルと同様、すりガラスなので、中に入っていると、姿がぼんやり見えてしまいます…これちょっと恥ずかしいんだよね~。

アパと違って居室に接しているドアだし、視界に入ってしまう。。

初々しいカップルには不向きですねー。

「ホテルヒラリーズ赤坂」おすすめです

ドアを開けるといきなり居室だったり、洗面スペースが居室にあったり、トイレのドアはすりガラスだったり…好き嫌いの分かれるタイプのお部屋だと思いますが、私はとても気に入りました!

和風モダンな感じがとても落ち着いて、どこか遠い所へ旅行にきて、旅館に泊まっているみたいな気分になれたから。

赤坂という場所柄、ビジネスホテルのイメージでしたが、完全に旅行者用のホテルですね。

外国人観光客受け抜群のホテルだと思いました。

しかも、大浴場とルーフトップエリアもあるよう。(そういえば、フロントで説明されました。デイユースでも大浴場は使えます!)

東京観光のために宿泊するのもありだなと思いました。

10日前くらいに予約したのですが、都心最安値がこの「ホテルヒラリーズ赤坂」でした。

6時間滞在できて6000円位とお安かった上、予想外に素敵なホテルだったので、とても満足度が高かったです。

雰囲気的にデートにおすすめですよ。親しい間柄限定かなー。

「ホテルヒラリーズ赤坂」 デイユース(日帰り)料金・プランはこちら↓↓↓

コメント

  1. ゆう より:

    このホテルは穴場ですね。チェックしました!
    最近、ビジホのデイユースよりきれいなラブホに傾いていますが、ここはいいですね。
    プラン観ましたが、もう少し滞在時間が欲しいかなというところです。

    • ゆうさん
      そうなんです、赤坂の飲み屋街にあるホテルだけど、きれいで穴場だと思います!
      きれいなラブホ…どんなところだろう。きれいなラブホは高いイメージ笑

タイトルとURLをコピーしました