≪2023.1.27新しい記事更新しました!ここをクリック≫

昨日も今日も過激なセックス。あなたとするセックスがたまらなく好き

セックス

昨日のこと

3連休の内、昨日と今日は、彼とセックスしまくって過ごした。

昨日は、某アパホテルで。

もともと昨日は彼と一日ホテルおこもりする予定だった。

セックスもしつつ、ゆっくり休むつもりだった。

連休中だからか、遠い町のアパしか一日中デイユースできる空きがなくて、電車に揺られ知らない土地までやってきた。

チェックインして、部屋に入ったらすぐ、窮屈だからと二人で服を脱ぎ、裸でベッドに入って抱き合った。

わたし、裸で抱き合うの好き。

彼はすぐいろいろ始めようとするけど、裸のまま、ただ抱き合うの、とっても落ち着く。

裸で抱き合いながらぬくもりを感じ、キスをして、だんだんとお互いの体を求め合っていく。

私をその気にさせるのは簡単…。

乳首が弱いから、ちょっといじられるだけで感じてしまう。

彼も分かっているから、乳首を指で攻め続け、私が声を抑えられなくなるころには、がばっと覆いかぶさって、乳房を揉みながら乳首に吸い付きなめ回してくる。

私もどんどんスイッチが入ってしまい、少しずつ勝手に脚が開いてしまう。

彼の舌は胸から徐々に下に下がっていき、私のアソコに到達する。

舌をアソコにそーっと這わせ始める…。

クリトリスを舌で刺激する。

最近クンニされていると、私も腰が動いてしまうの。

どうしてこんなに快感に素直になってしまったんだろう…。

信頼している彼となら、どんな自分を見せても許されるような気がしていて。

彼は私の下半身を、ベッドの淵に移動させ、アソコに指を3本挿れ、じゅぼじゅぼ出し入れを繰り返した。

私はだらだらと潮をたれ流す。

たまに飛ぶ潮のしぶきが、ホテルのデスクに置いてあったグラスにまで飛んでいっていた。

彼が帰り際「ほら。ここまで飛んでいるよ」としぶきで濡れたグラスを指さした。…気持ち悪いと思った 笑。次にグラス使う人に申し訳ないな、と。。

私は舐めたくてしょうがなくなって、起き上がって、彼のをしゃぶりに行った。大きく勃起していた。

彼は69の体勢にしたがるけど、私は彼のを集中して舐めたいので何度も拒否してしゃぶり続けた。

彼は後で「あの時イキそうだった」と言っていた。

彼は切羽づまった様子でいきなり私の口からおちんちんを放し、私を押し倒して、挿入してきた。

ものすごく気持ちよかった…。

指なんかより、やっぱりおちんちんが一番気持ちいい。

また腰が勝手に動いてしまう。

彼がピストンを止めても、私の下半身は求めてしまっているので、彼に腰を押し付け前後してしまう。最高に気持ちいい。

狂いそうなくらい気持ち良くて、普通のホテルだから声出せないので、呼吸ができなくて苦しかった。

こんなに気持ちいいと声我慢できない…!と彼に訴えた。

そしたら彼は、正常位で挿入したまま、デスクの引き出しをあさりだした。

アパにはお馴染みの帯があるからね。。アパの室内着は、デスクの引き出しにセットされている。

この前もアパホテルで帯を使った拘束プレイしたのに、またですか!?と思ったら、

なんと彼は、帯で私の口に猿ぐつわをした。

私はウーしか声を出せなくなった。

彼に突かれるたびに、帯をぎゅっと噛みウーウーうめいて快感を受け続けた。

あぁ、こんな姿。たまらない。

彼は2本目の帯を取り出し、今度は私の両手をばんざいさせて手首同士を結びつけた。

私は頭上で手を拘束され、無防備に。

なにも掴むことができない状態でピストンされると、刺激がもろにアソコに響く。

口には猿ぐつわ。

もう、最高だった。

ドMなので、はっきり言って、こういうの大歓迎。

もっと私の体、好きにやっちゃって、と思った。

まじであの手首拘束は気持ちよかった…。

この辺から記憶があいまい。

手首の帯も猿ぐつわもほどかれた頃には、彼のフィニッシュが近づいていたようで、ズコズコ突かれてけっこう声出して喘いでしまったような気がする。

すごい飛距離の精子が体にぶちまけられたのは覚えてる。そしてそのまま眠ってしまった。

二人で裸のまま寝て、また起きてセックスして。

今日はたくさんセックスもしたし休んだから、明日はちゃんと課題に向けて勉強しようね、と約束して別れたのに。

今日のこと

お昼前にシェアオフィスに着いたら、彼の様子がそわそわおかしい。

今日も私とすごくセックスがしたくて、集中できないと言うの。

一緒にお昼食べてから頑張って課題やろう!って言っても、どうしてもエッチする方向の話になってしまう彼。。

課題はどうにかなる、と彼。

じゃあちょっとラブホ行ってエッチして、また午後に帰ってきて勉強しようと提案する。エッチすると頭がすっきりして集中できるからね。

昨日も激しくエッチしたのに、彼ったら、どうして今日もしたくてたまらなくなっちゃったんだろう。

エッチしたいと思ってもらえて、セックスレス出身の私としてはまんざらでもないんだけどね 笑。

偉そうな提案をして、さっさと荷物をまとめ、少し遠いラブホに徒歩で向かう。

途中でサラダとワインとビールも調達。

お昼時のラブホは空いている。しかも今日は連休の最終日。いいお天気だし。

ラブホの部屋に入り、ムーディーな電気を消して、窓を開け、自然光を入れる。

ラブホで健全ランチタイム。

いいペースでワインを飲んでしまい、ほろ酔いに。

いつの間にか裸になって、ベッドに入ってた。

窓だけ閉めて、カーテン扉は開けたまま、外から室内丸見えでセックスを始める。

乳首を攻められてるだけなのに、思う存分あんあん喘いだ。だってラブホ久しぶりで、もう、声出せるのがうれしくてうれしくて…。

彼の指が私のアソコをなぞってくる。もうすごいびちょびちょだよ。って驚いてる。

彼はアナルにも指を入れてきた。もう。まだほんとの穴に挿入もしてないのに、アナルを攻めるの?

両方の穴に指を入れられ、はぁはぁ喘ぐ。

アナルに指を入れられると、なんだかとても情けない気持ちになって、快感が増すの。

こんなところに指入れられて、感じちゃってる自分…。

彼は急いで指を洗いに行き、コンドームを取り出し、装着した。

アナルセックスの合図。

まずは前にズブッと入れる。愛液をアナルローションの代わりにするの。

最近の私のアナルは、ローションなしでも受け入れるようになってしまった。

前で数回ピストンして、おちんちんに愛液をまとわせたら、次はそーっとアナルに入れてくる。

必ずはじめは先端が少し入るだけでも激痛がする。

痛い!と言うと、彼は抜いてくれる。

私は、いや、できない、無理、痛い、と連呼する。アナルは無理、できない!と駄々こねているのに(毎回)彼はしばらく間をおいて、またゆっくりとアナルにおちんちんを突っ込んでくる。

2回目はふしぎと痛くない…1回目は張り裂けそうな激痛を感じるのに、なぜ??

重い重い快感がやってくる。

私は思わず、あぁーと低い声でうめいてしまう。

今日のアナルはやばかった。すっごい気持ちよかった。

カーテン扉を開けっぱなしで外から丸見えだったので、窓際で、アナルセックスで喘いでいる姿を見せつけたい衝動を必死にこらえた。(変態)

毎回嫌だ嫌だ言ってるのに、今日なんて、アナルなのに自分で腰を振ってしまったよ…。

もう、どの体位しても気持ち良くて、普段アナルではあまりやらないバックからも突いてもらったし、バックの時も自分で腰を前後させてしまった。

ちょっと今、今日のアナルの快感思い出して、したい気持ちになってきてしまった…笑。

今日のセックスは気持ち良くて、絶対夜に悶々すると思ったんだよねー。やっぱりだ。

逆向き騎乗位で私が彼の上で腰を振りまくっている様子を、彼は動画で撮っていた。

アナルセックスとは思えないくらい、わたし、激しく腰を前後させてる…。こんなにいやらしく腰振ってるんだ。。自分とは思えないくらいいやらしい…。

結合部もアップでばっちり撮れている。

アナルは毛がないから、根元まで突っ込まれている様子がよく見えてとてもいい。

こんなに太いものが、お尻の穴にこんなずっぽり入っているなんて。

しかも、腰をくねくね高速で動かし快感に浸っているのは紛れもない私…。動物みたい。

それにしてもとても気持ちよさそう 笑。下手なAVよりも、これは…とても興奮しちゃう。。

アナルでオナニーしようとは全く思わないけどね。

アナルの時も、こんなふうに喘いでいるのかー。でも今日のアナルは、膣の快感と似ている感じだったんだよな。とてもとても気持ち良かった。

今日のラブホはたくさん鏡があったから、いろんな角度から自分の行為を見れて、とても高まった。

やっぱりラブホはセックスに最適なんだなぁ。

ひと眠りして、またセックスしたんだけど、もう日が暮れて、お部屋は真っ暗に。

彼はカーテン扉を閉めて、ラブホ特有の青い電気を点けた。

鏡に映るセックスしている自分の白い肌が、青い光に照らされて、これがまたいやらしかった。

寝起きの乱れた髪のまま、青い光に照らされ喘ぎながらセックスしている自分…。

非現実的でたまらなかった。

2回目の射精を終えた彼に、もっと、とおねだりした。

もっとして、今日はもっとして欲しいの。と。

だって今日のセックスは気持ち良くて、このまま帰ったら、きっと快感を思い出してしたい気分になっちゃう予感がしていたから。

お願い、もっと挿れて欲しいの。と。

こんなこと素直にお願いすること滅多にないよ。でも、したくてたまらなかった。

彼はすぐに大きくなって、挿れてくれた。

激しく、いっぱいいっぱい突いてくれた。

私は騎乗位で動きたくて、彼に跨った。

自分で動こうと思ったのに、彼は下からも激しく突きあげてくれた。

時間がなかったの。

もうあと15分しかないから、シャワー浴びないと、と彼は言うけど、私はもっとして、とわがまま言った。

彼はぎりぎりまで私を満足させてくれた。

もう、ほんと、大好き。

延長料金取られちゃうから、10分前には終わりにして、シャワーを急いで浴びる。

彼はイケなかった…。申し訳なかったけど、私はとても気持ち良かった。

お礼を言って、でも、今日はまだしたいから、しばらく欲求不満になりそう、と言っておいた。

もっと彼とセックスしていたかった。

今日は私も彼も性欲がすごい日だったのかな。

私は今日は仕事する気満々でシェアオフィスに行ったのに、帰りにはすっかりエロエロのもっとおちんちん挿れてください病になってしまった。

今も。今も、したくてたまらない。疼いちゃう。

この歳になって、セックス覚えたての猿みたいだ。

彼とセックスしたいなぁ。次はいつできるだろう。

コメント

  1. ノッテフィルター より:

    こんばんは!描写が生々しくて、すごく興奮しました。求め合う感じと激しいアナルに興奮します。動画に撮られるのもエロいですね!
    ローション無しでアナルに入るのもすごいです。開発されていますね。
    アナルは恐怖心もあるかと思いますが、その分快感もすごそうです。
    相変わらずうちは舐めるのと指入れのみです笑笑

    • ノッテフィルターさん

      こんばんは。
      この日のアナルは気持ち良かったです…。
      アルコールのせいもあるのかな。ラブホだったからかな。
      でも毎回始めに入れようとするときは激痛です!
      絶対に無理して入れないでくださいね。
      舐められるのは…ちょっと無理だ~笑

      • ノッテフィルター より:

        こんにちは。
        最初は激痛とのことで、入れる時は注意します!!
        ラブホでの大声、アナルの快感、思わずすごくエロくてしたくなりました笑笑
        動画も羨ましいです笑笑
        アナル、舐められるのは苦手なのですね、、意外でした!!

タイトルとURLをコピーしました