W不倫の後に残るもの

夫婦・家族とは

W不倫の終わり

W不倫中の彼と、たまーに「W不倫の別れ」について話すことがある。

私たちのように、理由はどうであれ、既婚者同士でお付き合いしている人の結末ってどこなんだろうと。

私たちはとても珍しいW不倫なのかもと最近思っている。

私はもともと人生のセカンドパートナーを探すために出会い系に登録した。

出会い系でいろんな男性と会ってみて、自分は「セックスレスだからパートナーが欲しい」という単純な想いじゃないことが明確になった。

やっぱり、初めから漠然と思っていたけど、生きるためにお互いを支え合えるようなセカンドパートナーが欲しかった。そう思って、出会い系でブレずに探したら今の彼に出会えた。

だから、私は彼との関係は「これからずっと」だと思ってる。

終わるのは死ぬとき。共に生きる相手が欲しかったのだから、そうでしょ。本当は夫婦がソレなんだけど、ダメだったから。。

彼も同じだと言ってくれている。

でも、わたしたちのようなW不倫のあり方が普通だとは思わない。

いろんな関係があるし、終わりがあるんだろうな、と思う。

最近それが気になっていて。彼にもどうなんだろう、と話していて。

そしたら彼が頭の中で考えていたことをパッとまとめてメッセージで送ってくれたから、載せようと思う。

一度でも愛情を持って交し合った相手なら、ずっと記憶に残り続けるし、既婚者の私たちにとっては、それも意味があることなんだなって思う。

W不倫の記憶

「人は二度死ぬ」。

一度目は、肉体的な死。そして、二度目は忘却による死。すべての人が、その人の存在を忘れてしまった時、人は死ぬのだと。有名な言葉。

一度目の死は、誰もが絶対に避けることはできない。

でも、その前に、既に忘却による二度目の死が訪れている時がある。

それは、その存在を忘れ去られた時。

出会ったこと自体を思い出せないような存在は、既に二度目の死を先に迎えていることになる。

狂おしいほどに相手を好きになった時、その人が一度目の死を迎えるまで、記憶の中に刻まれ生き続ける。

思い焦がれる、相手もそのような想いを持ってくれる。

まるでお互いの重力で引き合う様な経験をすることは、人生の中でとても貴い経験なのではないだろうか。

失った時に、心に穴が開く様な喪失感を感じることもあるかもしれない。
しかしそれは、記憶の中に刻まれ、消えることなく記憶の中で生き続けている。

記憶の中で、写真のようにその人が浮かぶことはないだろうか。その時、心が落ち着いて温かく感じた経験はないだろうか。

受け取った贈り物に触れた時、似たような感覚を感じた経験はないだろうか。

想いを込めた贈り物には、あなたが幸せを感じ、あなたの笑顔を見たいという想いが詰まっている。
そして、贈り物を送った人の記憶にも、受け取った時の嬉しそうな表情が、写真のように残る。

その贈り物はあなたを守り、あなたが触れた時に、心温まるように見守る。

同じ想いを抱いた人と出会えたのなら、たとえ終わりが来ても、別れが訪れたとしても、あなたはその人の記憶中で生き続けている。永遠の存在として。

W不倫を選ぶなら

彼と何度かお別れを考えたことがあった。

その時思ったのは、わたしには戻る場所があるというW不倫ならではの非常にズルい保険と、それが社会的には正しさであるという事実だった。

彼と心も体も通わせた幸せな記憶を糧に、彼と別れても、これからの人生頑張れるんじゃないかな、と本気で思った。

夫婦に愛はないのに、結婚しているからだれかと想い合うことを封印してしまうと、やっぱり人間おかしくなる。

母親からの愛もそうだけど、自分が愛されるべき人間だと思えると、人生変わってくるのだと思う。

大人になっても、結婚しても、それは同じ。

結婚は、一生愛し続けることを誓う契約。それが放棄されたのに、簡単に契約破棄はできない現状。

心がおかしくなっちゃうよね。結婚しているからには、配偶者以外の愛を求めちゃいけないんて。

なんかさ、そういう意味でも既婚者同士の婚外恋愛って、必要なんじゃないかなぁと思う。

だから思う。セフレになんかなっちゃいけないって。

せっかく不倫を侵すなら、愛情をもってきちんと心通わせられる相手とつながるべき。

大切に想ってくれる人とつながるべき。

女性も男性も、相手を大切にできないなら、不倫はするべきじゃないと思う。マイナスしか残らないから。

既婚だし、人生も後半なんだから、彼が言うように、記憶として糧になるような時間を作り上げられるパートナーと出会えることが一番だと思う。

既婚女性にとって出会い系(マッチング)サイトって…?

結婚していても、本当はいろんな理由でパートナー…欲しいですよね…。

私もセックスレスからの自己嫌悪にお別れしたくて、勇気を出して出会い系サイト(PCMAX)に登録しました。当時39歳でした。

最近の出会い系サイト(マッチングサイト)の役割は、時代とともに変化し、あなたの抱くイメージとだいぶ違ってきています。

出会い系サイト(マッチングサイト)を上手に利用すれば、既婚女性のあなたもベストなパートナーに出会うことが可能です。

出会い系サイト(マッチングサイト)でいろんな男性と出会い、失敗も何度かして、やっと今の彼に出会えた私が、体当たりで学んだことを集約。あなたが心も体もダメージ受けず最短距離でベストな男性に出会うための方法を伝授します

エロばかりが飛び交うのが出会い系サイトじゃありません!

私は見本になるような体験談もマニュアルもなかったから遠回りしてしまった。
あなたにはストレートで見つけて欲しい。人生前向きになるようなパートナーを。

\既婚女性が登録時に不安に思うことや、良いパートナーに出会うための心構え・ポイントを詳しく解説/

コメント

タイトルとURLをコピーしました