W不倫の彼女とアナルセックス。僕しか知らない彼女の官能的な姿

セックス

アナルセックスの時の彼女

彼女はアナルセックスが好きだ

なぜ、お尻にしたいと思ったの?
そして、どんな感覚なの?

彼女は快楽で疲れきったのか、ぐったりとベッドの上で俯けに横たわったまま僕に聞いてくる。
繋がりが終わった後、静かに。

彼女はお尻で繋がること…アナルセックスにとても感じてしまう。

悶え狂うという表現があるけれど、これがそうなのだろうと僕は思う。

「私は本当におかしくなるくらい気持ちいいの、だからあなたはどんな感覚なのかなぁ?と思うの」と。

官能的な彼女の姿

快楽を得ようとする彼女の表情は、とても綺麗だ。

薄紅色に変わる頰に、薄っすらと目を細め、焦点が合わない瞳で遠くの何かを見ている。

苦しみと幸せが両立したような表情。

これが官能美なんだろうなと僕は思う。

抑えられない唸るような声を漏らしながら。

彼女は日常とのギャップが大きい。

日常では性的な雰囲気は感じることはできないし、滲みもしない。そういうアピールが無いんだ。

でも本当は性的なことが好きで、とても興味を持っているし、彼女自身もスリルを感じることが好きなのだと言う。

「痛気持ちいいのが好きなの」「いけないことしているのに、どんどん感じて止まらなくなってしまうの」「だから止めてね」と。

でもその根底は寂しがりやで誰かと繋がっていたいんだ。

僕らのアナルセックス

後ろに繋がると、
「もう駄目だよー」「おかしくなっちゃう…」「奥まで突いて、もっともっと奥まで、お願い」「うぐぅ…。あぁー」と。どこまでも彼女は快感を求める。

アナルの締まり方は、根元を締め付けるような感じだ。奥は深く、前側のように突き当たりはない。

多分、彼女は、向かい合う形で後ろに繋がった方が、僕の形からしても感じることが出来るのだろう。

アナルの粘膜を介して前側も刺激される。

奥への刺激と、後ろへ下がる抜く時の動きに、強い快感を感じるみたいだ。だから、それらの動きを組み合わせて、彼女を中から愛撫する。

アナルの時は、僕らはいつも2時間近くセックスをする。

お風呂に入っている時から愛撫がはじまり、乳首を撫でたり舐めたり、乳房を揉みながら、少しずつ下へ指を進めて行く。

そして彼女の前側を十分刺激した後に、後ろの穴の周りをマッサージするように愛撫し、アナルを少しずつ指で開いて行く。

第一関節、第二関節、そして根元まで中指を差し入れる。前後に動かす。

そうなると、彼女は快感に声を抑えられなくなり、僕のものを求めてくる。そして、口に含み、挿れて欲しいと求めてくる。

僕は彼女の前へ背後から挿しこみ、風呂の壁に手をつかせ、彼女の願いを叶える。

その後は、ベッドへ行き、彼女のアナルへ挿し込む。

彼女が力が入らなくなり動けなくなるまで。

そして、動けない彼女の身体をタオルでよく拭き、その後、僕はシャワー浴びながら石鹸でよく身体を洗う。

今度は彼女の前で繋がる。

様々な体位で僕らはお互いを求め、僕が果てるタイミングを合わせながら、波を滑る。

アナルに挿れたい理由

彼女の初めて

なぜお尻にしたいのか。

これも独占欲から来るものだと思う。

僕は、彼女の後ろの初めてを欲しかった。

初めての男性になりたかったのだと思う。

そして、僕は誰も知らない彼女の姿を知っている。

アナルと官能

僕は最近思う、
官能とは信頼と愛情から構成されるものなのかと。

最近、SMや呪縛の世界もなんとなく、感覚的に分かるような気がして来ている。

官能美を追求する世界。

彼女は勿論、日常も綺麗だ。でも官能的な美しさ綺麗さも兼ね備えている。

だから僕にはわからない。

そんな彼女をなぜ旦那さんは放っておくのか。

そしてたぶん、前の男性達は、彼女のそんなその側面に気づいたのだろう。

僕は彼女の話を聞く時、そう思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました