金曜夜の個室。生理中の彼女をその気にさせて…

セックス

金曜夜の出来事

彼女の顔が見たかったから

金曜日の夜、仕事終わり、彼女の住む近くの駅で落ち合った。
彼女はお子さんと夕御飯を食べた後に、少しだけ出掛けて来るね。と言って会いに出てきてくれた。

久しぶりに会った気がしていた。
一週間前には会っていたはずなのに。

さて、何処へ行こう?とふたり。
前日くらいからお互いに繋がりたい雰囲気だったから、でもここは彼女の生活圏内。
とりあえず、人目につかない個室がある場所へ移動する。
ただ「今日は何もしないでね。」と彼女は真面目な顔で言う。そう、彼女は生理中だから。

個室に入り、今週の仕事はどうだった?勉強は進んでる?と、お互いの状況を言葉で確認する。
文字でのやり取りの行間を埋めるように。

しばらくすると彼女は、「ねえ見て、最近、体質変わったのかなぁ?」と、するりとスカートをまくり、蚊に刺された箇所を僕に見せてくる。
「子供が、20箇所くらい刺されてると数えてくれたのよ」そして、僕の手を足首の蚊に刺された跡の膨らみに持っていく。「ね、痒そうでしょう」と。

スイッチを入れたのは彼女

前にも書いたけれど、外では、全く性的な女性の面を見せない、滲ませもしない彼女だ。
そういう面に全く興味がないように、振舞っている。

しかし、今までの彼女の話を聞いていると、本当は若い頃から、とてもセックスに興味があたし、様々なことをしたいと思っていた。
そして常に繋がっていたいと思っている。
でも全く逆の生活をずっと過ごしてきた。
それは、好きになった人が、同じ感覚ではなかったからなのだけれど。

そして、ふと気づいたように、僕の目を見て、さっとめくり上げたスカートを下ろす。
「今日は何もしないのよ」と。
僕のスイッチが入ったことに気づいたからだろう。

だから僕は彼女に唇を重ね、舌を絡ませる。
ゆっくり、そして深く。
お互い繋がりたいのはわかっていたから。
徐々に、とろーんとした目に彼女は変わってくる。

でも、その時に僕は少し感じてた。
同じようなことしてるなと…

彼女とPCMAXの男性たち

↓で彼女が書いている話とか、他の男性とも彼女は経験してきている。

HさんとのPCMAX体験談③手を繋ぎ向かった個室居酒屋で起きたこと
前の話はこちら二軒目に行く出会い系お決まりのパターン?「手を繋ぐ」中華レストランを出て、エレベーターに乗る。「ごめんね、辛いことたくさん話させちゃったよね。少し気分落ち着けるために、コーヒーでも飲んでから帰るかい?」とHさん。「コーヒー」という言...

10年間セックスレスと、正直にメッセージを交換し。
また、旦那様が、同じサイトを利用していることを知って動揺していた彼女。
そんな彼女の心の揺れを男性達は見逃さない。
セックスレスだし、心が弱ってる。
これは簡単にセックス出来そうだと目をつけたのだろう、それは同じ男性だからその感覚はわかる。

セカンドバージンもまた価値があったのかもしれない。そういうのを好む人もいるから。
ウブでスレてない感じの人妻をGetする。
サイトはそういうゲーム感覚の要素もあると思う。
大人の割り切ったゲームなのかな。

最初は注意していた彼女も、様々な状況が、彼女の判断を狂わせて行ったのだろうか?それは彼女しかわからないことだけど。

したいんでしょ?

ただ、今日の僕は、同じことをしているのではないかと、感じてた。
「しないよ」と言った彼女を、したい雰囲気へと変えていく。間違いなくしたいはずだと。

服の中に手を入れ背中に回し、ホックを外す。
乳首を口に含み、乳首が徐々に硬く立ち上がってくるまで、舌でなぞる。
スカートの中へ手を入れ、内腿をつたう。
その突き当たりにたどり着けば、ショーツの上から彼女の突起を撫でる。ただ間にナプキンがあるから、少し強めになぞる。

彼女は、我慢ができなくなって、僕のズボンのチャックを手で開けようとする。ただ僕が刺激を送り続けているから、上手く開けられない。
しまいには強引に僕のズボンと下着を下ろそうとするから、ボタンが引きちぎられそうになる。
僕は慌てて刺激を送ることを止め、体を離す。

彼女のフェラを眺めながら

すると彼女は、僕の下側に移動し、僕のものを口に含む。口の奥まで入れたり、抜いたり、口を横にしたりして、僕のものをひたすら舐める。
僕は彼女のその集中した顔を眺める。

その時、様々な感情が浮かんでいた。

こんな風に彼女は他の男性達も舐めていたのだろうか、と考えてみたり。いつまで、このようなことを続けていられるのだろう、と思ったり。
彼女を愛おしいと思う気持ちは間違いないし、離れることはできないだろうなとも思ったり。

彼女は気づいていないかもしれないけれど、感情にまかせ、彼女の頭を軽く押さえ、喉の奥まで差し込んだりしていた。

しばらくすると、彼女は顔を上げて「ねぇ、気持ちよくないの?」と聞いてきた。「気持ちいいよ」と僕は答える。その言葉の通りなのだけれど、様々な感情から少し集中できていなかった。

生理中のセックス

だから僕は、彼女のショーツに手を掛けて下ろす。

血の付いたナプキンが見える。彼女は慌ててショーツを引き上げる。
「汚いから見ないで、そしてしない約束でしょ」と。僕は聞く「したくないの?」と。

彼女は続ける「それはしたいよ、でも汚いから嫌なの。こんな血だらけの中に入れたくないでしょ?」と言う。

だから、僕は答える。「汚いと思ったことはないよ。だから下ろすね」
「ただ、好きじゃなきゃ、できないことだと思う。ほら僕らはそのまま繋がるじゃない?」
「だから気にしないで」とショーツを足首まで下ろす。

乳首を舐めながら、軽く彼女の部分を直に愛撫する。

そして、彼女を抱きかかえながら横にしてから、ゆっくり差し込む。

彼女は僕のものを、温かく柔らかく包み込む。

生理だからゆっくりと動かし、彼女を抱きしめる。
そして長く深くキスをする。

彼女に言う「このまま中に出すよ」と。

彼女は答える「いいよ、このまま中に出して」と。

だから僕は彼女の奥まで深く差し込み、固定する。彼女を強く抱きしめ、彼女もまた、僕の背中に手を回し、強くしがみつく。

そして彼女の耳元に僕はささやく「出すね」と。

彼女はしがみついたまま、うんうんと頷く。

そして彼女の奥深くに僕のものを注ぎ込む。

しばらくの間、僕らは固まったように、全く動かず、抱きしめ合ったままでいた。

そして目を合わせ軽くキスをして、彼女に話しかける
「抜くね」と僕は言い、彼女は頷く。

そこからは、繋がったまま、思いっきり手を伸ばし体が攣りそうになりながら、ティッシュの箱を近くに引き寄せる。
そしてティッシュを何枚も引き出す。
彼女は「ちょっと!ティッシュ引き出す音、響いてる。静かに」と笑いながら。

彼女のお尻側にティッシュを何枚か引いた状態で、溢れ出ないようにして、彼女から僕のものを引き出す。彼女の部分を拭きながら、僕のものもティッシュで包む。そしてフェイスシートで血液で張り付いたティッシュを拭きながらはがす。
メンソールの影響かすうすうする。

彼女は僕に目を合わせ「結局、しちゃったね」と笑う。「そうだね」と僕も答える。

彼女を送る帰り道

帰り道、夜道を歩きながら、彼女を家まで送る。
様々な話をする、そして子供の話になり、進学のこと、子育てはお金掛かるよね。というような話になる。そして彼女は続ける「子育て終わるのも一緒だね」と。

そう、僕の上の子供は大分大きいのだけれど、下の子供は彼女のお子さんと同じくらい。

そして彼女は話し始める
「あと10年くらいだね」と。
「その頃も一緒に居られるかなぁ。でも一緒に居たいし、居られるような気がする」
「だから、お互いに頑張ろうね」と。

僕も頷く。

彼女の家の近くに着くと、「またね」と言って別れる。彼女は角から目立たないように、僕が見えなくなるまで見送ってくれる。

この関係性に未来は無いという。

そうかもしれない。でも果たしてそうなのだろうか。

今、お互いに様々な前向きな変化を与えている。

少しずつ僕らの関係性も変化して来ている。

しかしそれは、より深く心が繋がって来ていると感じる。この先も様々なことが起きるかもしれない。

この1秒、1日を積み重ね、同じように10年後も笑って話せていたらと思う。

タイトルとURLをコピーしました