僕の精子とフェラが好きな彼女の話

セックス

僕の精子

彼女のお腹に出された精子

「ねぇ、今度、口の中に出して。飲んでみたいの。」
彼女はお腹の上の精子を伸ばしながら、僕に伝える。

確かに今まで、彼女の口の中に出したことはない。

それは理由があって、
彼女になるべく気持ち良くなって欲しいと思うから。

彼女と会う機会は限られているし、時間も限られている。

だから、なるべく硬くて大きい状態で、彼女の中を掻き混ぜ、愛撫してあげたいと思うから。

一回目の方が硬さがあると僕は感じるところもある。

無味無臭の精液

精子を伸ばしたその指を鼻にあて、彼女は匂いを嗅ぎ「あなたの精液は、無臭なのよ」と。

そして、その指を口の中に入れ舐め「そして、無味なのよ」と言う。

僕は、他の男性の匂いを嗅ぐ機会はないし、ましてや味を感じる機会なんてない。したいとも思わないけれど。

彼女は、他の男性と比較をしながら「その臭さは、なかなか、そそるものもあるのだけど」と続ける。

そうなんだ。と思う。

よく、生臭いとか、栗の花の匂いとか聞くけれど、自分の匂いに意識したことはなかった。

そして、彼女は精液を手で体に伸ばしながら話す。

「あなたとセックスすると、翌日、肌艶が良くなるの」「何かが体内で分泌されるんだろうな」と。

そして僕のものを口に含み、また舐めはじめる。

フェラと精子が好きな彼女

彼女のフェラ

彼女は、舐めるのが好きだ。いつまでも舐めていたいと言う。

そして、奥まで咥えることも嫌がらない。

口の中がいっぱいになり、喉が突かれて息ができないような苦しさも、また気持ちいいのだと。

最初の頃、彼女の舐めかたが正直、いまいち僕には合ってなかった。気持ちいいのは間違いないのだけれど、少し違う。咥えている彼女の顔を見るのは好きなのだけれど。

それは、とても急いで舐めることと、常に手で握りながら上下に動かすこと。

彼女も、なんとなく違うのかなぁ。と感じてきたらしく、舐めながら僕に聞いてくる。「気持ちよくない?」と。

僕は言う「手を外して貰える?」やはり口だけでしてもらう方が僕には気持ちいい。「こちらの方がいいかな」と続ける。

彼女は言う「前の人とか、こうやって手で上下させると、凄い気持ちいいと言っていたのに…、今までで一番フェラが気持ちいい相手だよと言ってた。でもそれが影響したのかなぁ、関係の最後の方は入れたら直ぐ終わる感じだった、最初は違ったのに…」と。

今は彼女も気づいている、皮が被っている男性には、その皮を手や口で上下に動かしてあげると、快感が増すことに。

だから彼女は、手を激しく動かしたり、頭を激しく前後させて舐める。それが気持ちいいはずと。

でも僕は被ってないから、それは特別気持ち言い訳ではなくて、どちらかといえばゆっくり舐めてもらう方が気持ちいい。

頑張って舐める彼女を見てるのは、それはそれで気持ちいいのだけれどね。

そして、大きくなった僕のものを、もう一度、彼女の中に差し入れる。

僕の精子を持ち帰る彼女

前よりも長い時間、彼女と繋がる。

でも帰らなければいけない時間が迫ってくる。

だから彼女が息ができなくなるくらい、激しく長く突き続け彼女が限界になるまで追い込む。

そして、彼女のお腹の上にまた放出する。

彼女の茶色い瞳を上から見ながら、僕は彼女に話しかける「もう帰らないとね」と。そして時間を伝える。

彼女はイヤイヤと駄々をこねて見せて、抱きついてくる。

「さあ、シャワーを浴びよう」と僕は言う。

「先に浴びてきて」と彼女。

シャワーを浴び終えて部屋に戻ると、彼女は僕の精液を手で体じゅうに伸ばしてる。お臍に溜まった精液を掻き出しながら。

「何してるの?浴びてきなよ」と僕は言う。

すると彼女は 「このまま帰る」

「あなたのは匂わないし、帰ってもあなたを感じられるから」

「パック、パック。明日は肌艶良くなるの」と。

彼女は、ショーツの紐を締めながら話す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました