≪2024.5.25新しい記事更新しました!ここをクリック≫
本ページ内には広告が含まれます

ドラマ「あなたがしてくれなくても」のセックスレス告白タイミングに思うこと

セックスレス

ドラマ「あなたがしてくれなくても」でどうしても引っかかていること

「あなたがしてくれなくても」ハルノ晴

ついに最終回ですね。

原作はまだ連載中なので、どんな終わり方になるのか、楽しみのような不安なような。後半、だいぶドラマオリジナルのストーリーになってますしね。

ドラマの最終回を見て追記…
最終話、丸ごと引っかかることだらけで「???」の連続でしたね笑
原作は連載中ですので、絶対に原作と被らない最終話をやるとすればアレしかなかったのかもしれません…。セックスレスに悩んだ末、あんな展開になるわけないもん!
原作漫画連載中「あなたがしてくれなくても」ハルノ晴

ところで、どうしてもドラマ版「あなたがしてくれなくても」で引っかかっていることがありまして。

まぁドラマだからスルーすればいいんですけど…

ずっと引っぱりながら見てしまっていることがあります。

それは、みち(主人公女性)と誠(主人公男性)それぞれが、セックスレスであることを相手に告白したタイミングです。

みちがセックスレスを告白した時に、なんで誠は自分もセックスレスなのにすぐに告白しなかったんだろう、と…。

相手がセックスレスで悩んでいると聞いた瞬間に、原作のように間髪入れず「僕の家もセックスレスです」と返してくれるなら、すごく納得いくのですが…

上司である誠は、社内で人望ある出来た人間のようですが、そんな相手にでも一方的にセックスレスをつい告白してしまった状況は、相当気まずいと思います。

自分もセックスレスなのは伝えずに、その後もみちのセックスレスの悩みを心配したり、相談に乗る、とか言ってきたり、花見の席で二人きりなりたがったりするの、超超気持ち悪いなーと思ってしまいました。。私なら距離置きたくなる…。

夫婦間セックスレスという恥ずかしい悩みを一方的に握られ、相談に乗ってもらうなんて、私には怖くてできないな。

同時にセックスレスを告白し合わなければフェアじゃないと思いませんか?

いつ、相談した男性が豹変するかわからないじゃないですか。(しかも上司だし)

セックスレス=欲求不満、と変換する男性、たくさんいますよ?

この部分だけ、ドラマと原作の内容は違っていて、とてもモヤモヤしました。

この男(誠)、部下の女性(みち)がセックスレスだと知った時から急に接近してきて、ふつうに怖い。。

後日、「僕もセックスレスなんだ」と言われたって、私は響かないなー。ヤリたいがための嘘かもしれないと思ってしまう。

だったら自分がセックスレスを告白した時に教えてくれよ、と、とても不誠実に思います。

セックスレスの告白タイミングに違和感があったから、その後の誠がストーカーみたいに見えてしまいました…。

セックスレスを異性に告白する?しない?

セックスレスであることを異性に告白するのは、どういう心境やタイミングの時でしょうか。

ドラマでは、本人も言うつもりはなかったでしょうが、ついうっかり、セックスレスの悩みが口から出ちゃった感じでした。

私は長年セックスレスで苦しんできましたが、絶対に男性にセックスレスの悩みを打ち明けることはありませんでした。

私のセックスレスは20歳の頃からなので、だんなさんと夫婦になる前、彼氏彼女だった時代からです。

結婚する前、カップル間セックスレスを男性の友人に告白することなんて考えられませんでした。

だってそれって、異性の友人に隙を見せることになりませんか?

私はだんなさんのことを愛していたし、セックスレスだとしても他の男性と…なんて考えたことなかったです。だから、他の男性に勘違いさせるような隙は絶対与えませんでした。

夫婦になってからも同じです。でも夫婦の場合は、もう揺るぎない関係なので、カップルの時ほどの「隙」にはならないかな、とは思いますが。

異性にセックスレスを告白するというのは、絶対にしてはならない禁じ手(逆禁じ手?)だと思うのです。

セックスレスって、セックスレスの悩みを持つ人にしかわからない自分を否定されたような苦しさがある。エッチしたくてたまらない…という性欲の問題じゃない。

単純に「セックスレス=欲求不満」と思われるのだけはごめんでした。

今の彼が知人女性からセックスレスを告白された時のこと

異性にセックスレスを告白する場面って、そうそう訪れないです。

異性にセックスレスを伝えるのは、言い方悪いですが、私は下心があるときだと思っています。

今、お付き合いしているW不倫中の彼も、数年前、仕事上知り合った既婚女性から、セックスレスの悩みを相談された経験があると言っていました。

で、結局のところ、あなたとなら体の関係を持ってもいいと思ってセックスレスの悩みを打ち明けたんだ、みたいな展開になったみたいです。

ほらね、やっぱり。

なんだかんだ、品定めしてからセックスレスを告白してる。

それを拒否したところ、相手の女性は泣き崩れたそうです…そして連絡してこなくなったと言っていました。

うぅ、胸が痛い。。

異性にセックスレスの悩みを告白するのは、その人の中で相当参っていて、他の人にすがりたくて、この人となら体の関係込みで悩みを解決してくれる…と思い至った時だけだと思うんですよね。

だれにでも相談できる悩みじゃない。

セックスレス=欲求不満、と少なからず変換されるし、そう思われてもいい、なんなら不倫になってもいい=セックスしてもいいと思った相手にしか、セックスレスの悩みは相談しないと思います。

私はプライドが高かったし、そのくせ自分に自信もなかったから、だれかに助けて欲しかったけど、知り合いの男性にセックスレスの悩みを打ち明けるようなことはしませんでした。

…それになにより、だんなさんのことを裏切ってはいけないと思っていたし、

とても打算的ですが、知り合いの男性と不倫関係になってバレたときに、家族や友達や仕事関係などを巻き込む超面倒なことが起こるリスクを想像できたからです。

いくらセックスレスが辛くても、手近な男性と浮気して解消しようとは全く思いませんでした。

とてもとてもセックスレスは辛かったけど、家族…特に子どもたちを巻き込むリスクの方が怖かった。

(だからこういうことされると、すごく頭に来たんですよね。当時、すでに自分は不倫中にも関わらず。。)

セックスレス絶望の末私が出した結論

「あなたがしてくれなくても」のように、たまたま知っている人の中で、セックスレスに悩む異性を見つけられた…という展開は、なかなかないです。

もし、見つけることができたら…ドラマの誠のように、つい、気持ちを分かってもらえる相手として、心のよりどころにしてしまう可能性は高いと思います。

10年の完全セックスレス、夫婦間のすれ違いの末、私は、家族や友達や仕事関係者が全く知らない新しい世界で、自分と同じようにセックスレスで悩む既婚男性と出会い、お互い家庭を守りながら、人生後半のパートナーになってもらいたいと考えるに至りました。

セックスレス同士なら、きっと傷を舐め合える。

辛い思いをしてきた分、相手を思い遣る関係を築くことができるはず。

でも、全く新しい世界での出会いなんてなかなかない…。

…相席居酒屋?…ナンパ?

子持ち40歳目前の私に、そんな出会いあるわけないし、、相手がセックスレスか既婚かどうか知る由もない…。

人生後半のセカンドパートナーを探そう!と決意したものの、そんな都合よく出会える場所もなく、撃沈していた私でしたが…

それが叶うような場所があることを、職場の若い子に教えてもらえたのは本当に大きかった。

その場所とは、マッチングサイト…出会い系です。

全く新しい世界で出会いを求めたいなら、その手があったか!と思いました。大げさじゃなく、光が見えた気がしたことをよく覚えています。

その時の話はこちら

出会い系を利用して、新しい出会いを求めたことは間違いじゃありませんでした。

普通に生活していたら出会えないような男性と、たくさん出会うことができました。

夫以外と初めてセックスもしました。

好きでもない人とセックスしても、全く後悔しませんでした。

セックスレス解決に向けた努力をし尽くした私には、夫以外の男性とセックスをしたってなんの罪悪感も生まれませんでした。

自分で決めて望んだことですから。

私は結婚していて、夫とのセックスレス解消が望めない立場なので、もう二度とセックスしないで死んでいく悲しい運命だったけど、出会い系を利用して、自分で未来を変えることができました。

もし、今の彼のような人と出会えなくても、後悔しなかった自信があります。

もう一度、セックスすることができたんだもの。

セックスレスでずっと悩んできた私にとって、それはときめきとかだれかに愛されたい以上に重要なことでした。

セックスってどういうものか、もう一度確認することができた。

それだけでも、私にとって収穫でした。

だから感謝していますよ、なんの心も動かなかったけど、出会い系で出会って体の関係に発展した男性たちにもね。

自分の人生を生きるために

いくらセックスレスに悩んで絶望していても、子どもがいると「あなたがしてくれなくても」みたいに、離婚に向かうことは難しいです。

私も、セカンドパートナーを探そうと決心したけど、まずは家庭を守ることが一番の条件でした。

愛する子どもたちのためにも、絶対に家庭は守らなければいけない。

セックスレスから始まった…いや、セックスレスが明確にしてくれた夫婦のすれ違いは、子どもがいる・いないで対応が大きく異なります。

でも、子どもがいるからって、これからの人生を諦めてしまっていいのでしょうか。

家庭を守りながら、自分に正直に生きることはできないのでしょうか。

子どもはいずれあなたから巣立ちます。子どもも人格あるひとりの人間です。

そして…あなたも母親・妻である前に、人格あるひとりの人間です。

セックスレスって、夫婦関係に向き合うことでもあるけど、それ以上に自分自身に向き合うことでもあるんですよね。

自分はどうしたいのか。自分はどう生きたいのか。

みち(女性主人公)の「自分の足で立っていたい」という気持ち、とてもよくわかります。

私はみちと違って、自立しつつも、誰かと共に生きていきたいと考えました。(そもそもアダルトチルドレン出身なのでw)

自分やだんなさんと何度も向き合った末、そういう考えに至りました。

セックスレスだからと言って、安易に不倫しろ、なんて私は言いたいわけではありません。

夫婦でたくさんぶつかって、話し合って、自分自身と向き合って、悩み尽くして絶望している人に、セックスレス解消のひとつの方法として「出会い系でパートナーを探す」ことを提案しています。

「あなたがしてくれなくても」のような偶然なセックスレスカミングアウトからのお付き合い…なんて憧れますが、そうそうないんだから、自分で取りに行くしかないんです。

出会い系にはたくさんいます。

セックスレスで苦しんでいる既婚者たち。

ワンナイトで性処理ができればいいと思っているセックスレスの人たちもたくさんいます。

真剣に一人の相手と長く関係を続けたいと考えている人もたくさんいます。

「出会い系なんて…」と思う気持ちもわかります。私もそうでした。

でも、経験してみて、既婚者の出会いの場として出会い系を賢く利用する価値は絶対あると断言します。

このサイトでは、実際に出会い系を利用し、失敗しながら蓄積した「既婚女性のための出会い系ノウハウ」をたくさん解説しています。

ぜひ、上手に活用して、呪いのような夫婦間セックスレスの人生から脱却して欲しいです。

すべての人に合う方法ではないのはわかっています。

だれかの光になれれば幸いです。

私が利用した出会い系「PCMAX」はこちら

既婚女性が安全に出会い系を利用するための方法を詳しく解説しています
男性にはこちらも必ず読んで欲しい!

コメント

  1. ヤマ より:

    W不倫歴10ヶ月の40歳メンズです。

    過去の記事も含めて拝見し、全てにおいて共感し、勇気をもらっています。
    ありがとうございます。

    私は彼女のことが必要で、彼女も自分を必要としてくれていて、自分は2人で新たな人生をといつも考え、不安になり、イライラし、そのことで喧嘩もし…でも好きで…の繰り返しです。

    以前の記事で、2人に未来は無い、とおっしゃっていて、それを見て良い意味で、納得できた自分がいます。

    目の前の彼女といる時間を幸せに過ごすことを大切にしたいと思えています。
    とても良い影響をいただきました。

    とはいっても、なかなかそう簡単にはいかず、気持ちが行ったり来たりの毎日です。それはまさに自分と向き合うことなんだな。自分がどうしたいかなんだな…と気づかされています。

    彼女との出会いには感謝しかないし、彼女との関係に、後悔はないです。

    その中で自分と同じような境遇の方がいて、共感できることがどれほどありがたいか。誰にも言えず、悩んでいることに光がさしている感じです。ありがとうございます。
    今後も引き続き拝見し、自分と向き合い、彼女と向き合っていきたいと思います。

    • ヤマさん
      コメントありがとうございます。
      わたしの拙い感情任せなお話がお役に立てたようであれば本当にうれしいです。
      誰にも言えないことだし、法律的にもアウトなことだけど、過去の自分のように苦しんでいる方の救いになればと思って始めたサイトなので、
      そのように言っていただけるのはとてもうれしいのです。
      お互い家庭のある身。この関係の最善を今でも探り続けています。
      確かに、私の中でも「二人に未来はない」ことに気づけたのは大きかったです。
      やっと大人になれたような感覚です笑
      だれかを変えようと思っちゃいけないですね。変えられるのは自分だけ。
      常にそう自分に言い聞かせながら、自分自身を見失わないようにしています。
      なんだか修行みたいですが、彼との関係をできるだけ続けたいので…
      お互い頑張りましょう!

  2. MIKA より:

    同感です。
    私は親友にさえ相談できませんでした。
    本当に誰にも言えなかった。
    彼に出会って、初めてスナックのママをしている友人に打ち明けました。

    不思議なんですけどね、
    彼とは、出逢った時から他人には話せなかったことを話せるような予感がありました。
    でも、私のセックスレスの話をきちんとしたのは体の関係ができてから。
    私、彼と出逢って本当の自分と向き合うことができたんだと思うんです。
    セックスは恥ずかしいことではなかったんだと。

    私もミチと同じで自立したいと思いました。
    結婚して誰かに私のセックスの主導権を握られるのは耐えられない。

    そういえば、前に彼も産後のセックスレスみたいだと書いたんですが違うみたいです。
    排卵日を狙って一回で子供ができたと言って、本当はもう一人欲しかったと言っていました。
    子供ができる前からのセックスレス?
    今度、聞いてみようかと思います。

    彼の夏休み、5泊で海外デビューするかもしれません。
    行き先はラオス。
    東南アジア系は殆んど行っていて、あとはラオスだけなんだそう。
    初海外がラオスだとしたら貴女と同じですね。

    • MIKAさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      >私、彼と出逢って本当の自分と向き合うことができたんだと思うんです。
      >セックスは恥ずかしいことではなかったんだと。
      私も同じです。
      彼と出会わなければ、セックスはただ欲望に負けた情けない行為としか思えなかっただろうし、
      自分自身に正直に向き合うこともできなかったと思います。
      彼と出会えたことで、私はとても生きやすくなりました。自分を許せるようになりました。
      セックスはとてもパーソナルなものなのに、結婚すると夫婦の共有物、いや配偶者の所有物になってしまう…
      おかしな話です。私は私のセックスを夫から取り戻したんだと思います。

      ラオスに行かれるんですか!?…鳥肌立ってしまいました笑
      穏やかに時間が流れ、無になる場所です。より自分やパートナーと向き合うことができると思います。
      実現するといいですね!うらやましい…!!

タイトルとURLをコピーしました