W不倫中の彼と台湾旅行①日帰り台湾旅行なのにラブホで休憩!?

旅行

W不倫中の彼と日帰り台湾旅行してきました

共通の趣味は旅行なので…

彼と、0泊2日?で台湾旅行に行ってきました!

前泊の様子はこちらで↓

彼も私も旅行好きなんです。趣味が合うってステキ。彼とは2回目の海外旅行です。

日帰り台湾自体、超ハードなのですが、既婚者同士だし、家を空けれないから仕方ない。

私はもともと海外旅行に一人でよく行くので、家族も怪しく思わなかった。

彼は一日だけ有給を取って、翌朝日本に到着後、出勤するという、ハードスケジュール。

ご家族には、強行スケジュールの大変な出張…ということにして。

そんな台湾滞在時間の限られた旅行中に、なんと、台湾のラブホテルで休憩してきちゃいました!

台湾観光の合間にラブホテルを探す

台湾といえば小籠包。小籠包と言えば、有名な鼎泰豐。

台北地下鉄MRT中山駅にある三越デパートの中の鼎泰豐で小籠包ランチ。

お腹もいっぱいになったので、周辺をショッピング。

中山駅周辺からは少し離れるのですが、林森北路沿いにラブホテルっぽいものがあるという事前情報を仕入れていたので、疲れてきたし、ネタにもなるし、林森北路を歩いて台湾ラブホを探してみることにしました。

外国のラブホテル・モーテルなんて、もちろん行ったことないけど、台湾は漢字だからなんとなく分かるから大丈夫かなと。

どの国にもなんとなく怪しい場所というのはあるもので、林森北路を北上すると、大人のおもちゃを売っているようなお店や、水商売っぽい派手な服を売るようなお店があるエリアになってきました。

でもそんな怖い雰囲気ではなく観光客でも大丈夫。他にも普通のホテルもたくさんあるし、おじいちゃんおばあちゃんたちもウロウロしているし。

一応、目指すホテルは「Wego」というラブホテル。

台湾の有名なブティックホテルなのだそう。「Wego」は台湾ラブホの代名詞的存在のよう。

持っていたガイドブックの地図にもあったので、無事Wegoに到着です。

台湾のラブホテルは、驚くことばかりでした!

続きは次の記事へ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました