≪2023.1.27新しい記事更新しました!ここをクリック≫

バカだと思っていたクソ妻がついにクレジットカード明細を見せろと言ってきたw

W不倫のトラブル・悩み・想い

ついに気付いたようです

最近彼は昼間は仕事、夜は学校で非常に忙しい。

常に課題に追われているし。

夜遅くに帰宅しているから、睡眠時間もとても短い。

(うちで一緒にテレワークするときは、エッチした後お昼寝してるけど。笑)

夜遅くに帰宅する疲れ切った彼を見て、クソ妻不安になったんだろうね。

「この人が過労で死んだらどうなっちゃうんだろう?」と。

それか、だれかに入れ知恵されたのか。

彼が死んだら、自分が家庭運営について何もわからないことに、ついに気づいたようです。

ちっ。

バカだと思ってたけど、働き始めたら少しは世の中がわかってきたようです。

実家大好き、子ども産んで家族を持ってもいつまでも親離れできない永遠の少女、クソ妻。笑

家事は相変わらずしないし、お子さんのお弁当も彼が作ってるような状況だもんねー。

まぁいいや。永遠の少女・クソ妻の悪口は置いといて…。(またいらない揉め事になるからね。)

クソ妻、ついにクレジットカードのパスワードを教えてくれ、と言い出した。

クソ妻は彼のクレジットカードの家族会員。

何かあった時のために知りたい、と言い出した。

パスワードを私に教えていない理由は?知られちゃいけない明細でもあるの?

と、一方的に彼へLINEあり。

最近彼は夜の授業の後に先生などと飲む機会も多くなっていて、それもクソ妻は気に入らない様子らしい。

(甘いな。夜じゃなくて、昼間に私といろいろやってるんだけどね。笑)

もっと稼ぐために、学校行って勉強してキャリアアップしようとしている人に対してコレだもんね。

所詮バカだから、自分が被害(家事)被ってはじめて「あなたばかり、夜、自由に遊んでいてズルい」となるようです。

相変わらずほんと最悪な妻だよな。

クレジットカード履歴は消せない

さて、どうするか。

家計は完全に彼の管理下だったので、クレジットカードも私とばんばん使っていました。

クレジットカードの履歴は消せません。

よく、不倫とか風俗とか、家族に知られたくないことにはカードを利用しないと言いますけどね…。

相手が無知なクソ妻だったので、完全に油断していました。

彼の明細を見せてもらったら、ラブホテルとか、明らかに怪しい明細が記載されているわけではないけど、誰と行ったの?と思うようなレストランや、なんでこの場所?というような店名がちょいちょい出てきます。

コンビニなどチェーン店で使うと、ご丁寧に店舗名まで出てくるからね…。

彼はキャッシュレスで支払うことが多いから、そういうのはとりあえず「クイックペイ」で明細には記載されていました。

WEB上で深堀していけば、クイックペイの支払い内容も見ることはできるけど、紙の明細をざっと提示する分には伏せることが可能です。

なにかいい方法はないかな…と、明細を隠す方法をいろいろ調べたけど、彼は賢かった。

彼は「パスワードは一切教えない」「明細も絶対になにがあっても見せない」

「何を言われようと、絶対に応じないスタンスを貫く」と言いました。

一部分だけを中途半端に見せることで、付け込まれる可能性があるから、とにかく「見せない」「教えない」姿勢は崩さないでいく、と。

確かにそれは理にかなっているなと思いました。

変な言い訳するより、見せない、教えない、と突っぱねれば、疑われようが、夫婦に溝ができようが(そもそも元から信頼なんかしてないし)自分のプライバシーは守れます。不倫の決定的な証拠を掴まれることはありません。

しかし、それを貫き通せるのか…!?

彼ならやれると思います。

昔のカカオ事件の時も、同じようにカカオのトーク履歴を見せずに死守した人だから。

頑張ってくれ…。私はそれしか言えません。。

クレジットカード明細、きれいにしよう計画

実は言うと、いくらクソ妻やだんなさんが家計に無関心でも、いつかこういう日がくるだろうと思って、クレジットカード明細をきれいにしよう計画を進めていたんです。

既に私たちは、二人で利用するお金は、自分たち家族rの生活費と別に管理するようにしています。

支払いも、二人用の口座や専用のクレジットカード、デビットカードを作りました。

最近二人で順調にお金の管理ができるようになってきて、調子よかったのに…。

もうちょっと早く実行していれば…と悔やまれます。

カード履歴は1年くらい遡って見れちゃうから…。

もうちょっと早く始めていれば、「ばーか、もう、クレジットカードは真っ白なんだよ!!」とクソ妻に悪態付けたのに。。

あー、ほんとに残念だ。

W不倫中でも、家庭にバレずにお金を管理する方法を、近いうちにまとめようと思っています。

お楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました